困った隣人 韓国の急所(祥伝社新書313)

  • 祥伝社
3.86
  • (7)
  • (17)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 125
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113131

作品紹介・あらすじ

「なぜ、血縁こそがすべてに優先されるのか?」「なぜ、虚飾・虚言・捏造がまかり通るのか?」「なぜ、歴史を正しく論じることが許されないのか?」恨みを世襲する韓国と、水に流す日本。わかりあえない隣人ゆえの不幸が、今日も続いている。日韓相互の誤解と偏見は、どこから来たのか?その答を探るべく、井沢元彦・呉善花の両人は対談の中で思索を重ね、軋轢の根源を、違う道を選んだ歴史の中に見出していく。本当の韓国の姿を知り、日本との違いに気づくことがまずは必要だと、本書は主張している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 韓国に対する疑問が解消する。なんで大統領経験者が逮捕や自殺などが多いのかとか、どうして学歴偏重がこれほど強いのかとか、どうして財閥企業が富を支配しているのかとか、どうして反日が強いのかとか、などなど。まあ、全てをそのまま信用するのでなく、批判的に見ておくことも必要だけど、かなり理性的な内容だとおもうな。

  • 嫌韓とか反日とかいろいろ話題になっているが、では実際韓国について知っているかと言われればあまり良く知らない。
    ネットに流れている一方的な情報は、あくまで断片的であり、なぜそうなのかという説明が不足していて、信じられるかというとなかなか難しい。

    本書は、韓国・済州島生まれで20代後半まで韓国育ちの呉善花が、韓国における文化・宗教というバックボーンを説明した上で韓国人の気質を見事に説明している。

    ズバリ言えば、韓国の儒教社会では、
    ・血縁がすべて、だから身内(民族)の悪口は許されない
    ・勝つことが第一。虚飾・虚言・捏造をしてでも勝つことが大切
    ということ。
    これを読んで思ったことは、考え方が大陸的で、日本はきちんと言うこと言わないとダメだな、ということです。

    ただ、対談形式なので、対談相手の井沢元彦氏の主張も混ざるなど、若干ポイントがぼやける部分もあるのが残念である。

  • ・12/5 読了.こと韓国に関する内容の本はあっという間に読み終わってしまう.本当に面倒くさいやつを相手にしてるって感じだ.勘違い野郎と付き合わないといけないことが日本にとっては最大の不幸かもしれない.同情こそすれ助けてやりたいとは思わせないところが韓国にとっては最大の不幸かもしれないけど.

  • 近くて遠い隣国・韓国について主に日本の立場から色々述べた一冊。
    韓国の歴史、そして反日感情などについてよく理解することができた。

  • まったくもって同意するほかない。
    しかし韓国、というか朝鮮人に対する処方箋など無いのではと感じる。韓国と対話しても無意味なのだから、世界に対して日本の立場、根拠ある歴史的事実を正面から発信することだけを期待したい。

  • 韓国政治の腐敗度は途上国並み。
    韓国では汗水流して働くことが美徳ではない。
    外見も能力とみなされる。
    日本文化のほとんどが韓国のルーツだとか言っているそうだ。中国文化までも韓国がルーツとか言って、歴史までねつ造している。どうしようもない国だな。

  • 儒教や朱子学などを理解していないと、わからないのだと気がつかされた。
    隣で同じ様にみえても宗教観などベースのところで全く考え方は異なってくる。
    日本人は宗教に自覚がないが万物に魂が宿るという感覚は持ってうまれたものと思いがちだけどそういう諸々は確かに宗教観。
    小さな親切大きなお世話がここまでこじれることになろうとは。
    日本人同士でも無言の同調圧力を感じたりするからそういう視点も必要か。冷静に歴史を検証できる時はくるのか。

  • 井沢さんの話は分かり易い。

    史実を述べているが、対談相手のオ・ソンファさんが日韓併合肯定派なので茶飲み話を読んでいるようであった。

    宗教と道徳から読み解く着眼点は新しいものであった。

  •  日本人/井沢元彦さんと、韓国生まれ/呉善花さんが交互に韓国について論述しています。
     私は最初、井沢さんはあまりに韓国に対してデリカシーのない発言をする人だと思いました。呉さんも「その通りだと思います」などと全肯定しなくてもいいのに。

     しかしそんな中で呉さんが唯一井沢さんに強く反論したのは、「日本の韓国統治には良い面と悪い面があった」とする井沢さんの意見でした。呉さんは、(概略)そんなことを言ってはいけない、韓国につけ込まれてしまう。それでは日本にとっても韓国にとっても良くないことになる…、と言います。
     ここで呉さんの韓国への絶望が、そうとうに深いものであると感じました。

     韓国に関する情報はテレビや新聞、ネットに氾濫していますが、発信者が本当に信用できるかどうかを考えてみるべきです。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、愛知県生まれ。早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し報道局に勤務。80年、『猿丸幻視行』(講談社)で第26回江戸川乱歩賞を受賞。退社後、執筆活動に専念し、歴史推理小説の分野で活躍する一方、日本史と日本人についての評論活動を積極的に展開。歴史についての鋭い考察は「井沢史観」と称される。ベスト&ロングセラーとなっている『逆説の日本史』『逆説の世界史』『日本史真髄』(以上、小学館)、『学校では教えてくれない日本史の授業』(PHP研究所)、『動乱の日本史』(KADOKAWA)など著書多数。

「2021年 『汚れた「平和の祭典」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

困った隣人 韓国の急所(祥伝社新書313)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×