物語 財閥の歴史(祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113575

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今ある大企業に連綿と続く財閥の成り立ち。

    “終戦により財閥は解体されたけれど、財閥を構成した有力企業は生き残った。しかしそこで権力を握ったのは、財閥一族ではなく専門経営者と呼ばれる人々、かつての財閥一族から見れば使用人と呼ばれる人々だった。”

    個人的に面白かったのは、泉屋→住友→白水orフォンテーヌ。

    “では、白水会は?これは住友グループの社長会である。しかし「白い水曜日」とは一体どういうことか。
    実は白水会の「水」は水曜日の意味ではない。白と水を組み合わせて感じを作ると「泉」になるこの泉は住友の源流にあたる商家の屋号「泉屋」に由来する。この泉をばらして「白水会」というわけである。
    余談ながら「ヴィラ・フォンテーヌ」という住友不動産系のホテルブランドがある。フォンテーヌはフランス語で「泉」を意味するから、つまりここにも「白水」は生きているのである。”

  • 読みやすい概説書で流れが整理しやすく、要点は押さえて副読本的な位置づけかな?

    卒論のタネ本にちょうどいい感じ。

  • ノートに書いた

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1962年、滋賀県生まれ。立命館大学文学部哲学科卒。ノンフィクション作家、同志社大学非常勤講師。著書に『超図解 勇気の心理学 アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本』ほか多数。

「2017年 『超図解「21世紀の哲学」がわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

物語 財閥の歴史(祥伝社新書)のその他の作品

中野明の作品

ツイートする