問題解決のための哲学思考レッスン25(祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.25
  • (3)
  • (6)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 108
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いまいちだった。

  • 小川氏は哲学を広く一般に分かりやすくした功績があるが、さすがにこの本は内容が薄すぎると思った。

  • 25の哲学概念の紹介。わかりやすい入門書なので、これを読んで気になった概念を掘り下げたいと思った。

  • 小川さんの本はわかり易くてよいが、今回のはイマイチしっくりこない。
    本出しすぎじゃないのかなぁ。

  • このひとの本って、哲学をうすーくなぞるようで、それがよかったり物足りなかったりする。

  • 非現実的で、浮世離れした、難解な学問というイメージの哲学を、25のレッスンに再構築し、現代の身近な問題に絡ませることで、哲学的思考を理解させてくれるユニークな哲学書。
    頭を抱えて読むのではなく、哲学することの楽しさを教えてくれる。

  • 哲学とは批判的、根源的に物事の本質を探究することを言う。
    考えることをあきらめなければ、人間はどこまでも進歩する。
    運命は変えられる。だから前向きに努力できる。
    最強の人とは問題のない人。心になんの問題も抱かず、不安もなく生きている人がいたら、それはすごい、まさに超人。ニーチェが目指した究極の超人。

  • 25のレッスン。簡単なエキスだけだが、頭の体操になった。
    西洋哲学だけでなく、東洋哲学で、25のレッスンやMBAや他のテーマでの25のレッスンを書いてみたくなった。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

山口県大学准教授

「2018年 『世界のエリートが学んでいる教養としての哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川仁志の作品

問題解決のための哲学思考レッスン25(祥伝社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする