超ディープな深海生物学(祥伝社新書)

  • 祥伝社
3.40
  • (0)
  • (8)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396113971

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 様々な深海生物を取り上げそれぞれの生態が深く掘り下げて描かれている本。興味持てた生き物の章だけ読んだ。透明な身体を持つクダクラゲの、胃袋だけが赤い理由が凄い。食べた生物が光るので外敵に見つかってしまう。それを隠すため、深海には赤の光が届かないことを利用し、胃袋だけが赤い。

  • タイトル通り、深海生物についてテレビではそこまで掘り下げないという細かく深いところまで書いた本。とはいえけして難しくなく、そうなのか!という発見と驚きに満ちたおもしろい本でした。
    アンコウやリュウグウノツカイなどのメジャーな生物からチューブワームなどの深海マニアの心をくすぐる生物までいるのが嬉しい。

  • 【新着図書紹介】学生さんからリクエストのあった本です。
    http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=TB10075839&key=B145102107805547&start=1&srmode=0

    図書館においてほしい本は、MyLibraryからリクエストできますよ。MyLibrary → https://lib.s.kaiyodai.ac.jp/myopac/

  • 21世紀になっても、まだまだ新しい発見がある深海の世界。面白い。ダイオウイカは出てきますが、イカ大王は出てきません。

  • 一般向けにいろんなエピソードを詰め込んでやや雑駁な印象も。「チャレンジャー号」や「タイプ標本」など説明の必要なボキャブラリーも多く、誰向けの本か、やや中途半端かも。化学合成生物群集の部分など面白かったので、もっと進化や多様性といったテーマを一貫してまとめたらよかったと思う。

  • タコスミパスタ食べてみたいな。(成分解析したところでは、イカスミよりもおいしいはず、らしい)

    深海生物が、1章1生物ごとに紹介されている。ちょっと説明なしで専門用語が出てきて難しいところもあったけれど、たいていの部分はわかりやすく読めた。

    生物の話もおもしろかったけれど、原油流出や海ゴミ(と生態系)に対する著者の解釈が独特ながらも個人的にはしっくりくるものだった。

  • 深海の中でも深海生物にスポットを当てた本。超ディープな、とあるようにそれぞれの生き物の話しはかなり専門的。が、分かりやすく書いてあるので門外漢でも読むことができた。読み終わって、深海生物に詳しくなった気がする。深海生物が好きな人は是非読んで欲しい。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1961年、人間初の宇宙飛行の日、三重県四日市市に生まれる。4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、現在は広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探し、地球外生命を追究しつづけている吟遊科学者。
主な著書に『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』(朝日出版社)、『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』(クロスメディア・パブリッシング)、『ゼロからはじめる生命のトリセツ』(角川文庫)、『生物圏の形而上学 ―宇宙・ヒト・微生物―』(青土社)、『超ヤバい話―地球・人間・エネルギーの危機と未来』(さくら舎)などがある。

「2020年 『我々はどう進化すべきか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長沼毅の作品

ツイートする
×