一生モノの受験活用術――仕事に効く知識とノウハウ(祥伝社新書464)

  • 祥伝社
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396114640

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 論旨が明快で、とっても読みやすいです。単なるハウツー本だと思って読むと、裏切られますよ。いい方向で。大学受験を経験した人、これから経験する人にお薦めします。あ、でも、内容はちょっと難しいので、あるレベルの基礎学力は必要かと。

  • 大学受験のための受験勉強の効用について、既に大学を卒業した社会人と、これから大学を受験しようとする高校生を主なターゲットとして書かれている。そのため、誰に向かってのメッセージなのかという点で焦点がぼやけることもあるが、各教科ごとに、エッセンスやどう役立てるかといったノウハウが記載されていて、面白かった。
    また、冒頭には、著者の経験を基にした効率的な勉強方法についての話が載っている。こういうものは、人それぞれが試行錯誤して身につけるものではあるが、他人の経験も役に立つので、受験生には読ませたい。

  • 浅めにさらっとという印象。新書なのでしようがない。受験勉強が一生役立つというのは同意、何かしら人生において有用。社会人より中高生に良いかも知れない。大学合格後のビジョンが変わるきっかけになりうる。勉強を続けることの大事さを再認識した。

  • 各教科の掴み方は、子供に教える時の参考になる。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1955年東京生まれ。東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て、97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。京大の講義「地球科学入門」は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。火山研究のほか、科学をわかりやすく伝える「科学の伝道師」。96年に日本地質学会論文賞受賞。

鎌田浩毅の作品

ツイートする