「スマホ首」が自律神経を壊す (祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396114855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 精神科に行っても 不定愁訴は治らない。うちに受診すれば今まで治らない症状は改善するよ!といった内容。しかし地方に住む者にとっては 東京の病院は遠く受診できるかと言うと非現実的。最後の方に少しだけ 首をいたわるストレッチについて紹介されてますが、これだけで治る人はこの本を手に取ってないはず・・
    せめて地方在住のものでも安心できる医療施設の紹介があったら 宣伝で始終しているという内容は払拭出来たかと思う。

  • スマホはとても便利な反面、使い過ぎると副作用としてスマホ首こり病になるとのこと。首を真っ直ぐして見てればいいのですが、前に傾けて見てると体重の10%の頭の重さによる負荷で、自律神経が乱れ(副交感神経の異常)首こりになるそうです。首を原因とした自律神経うつは心療内科では治せず、自殺志向になるおそれがあると。「幸せ神経」である副交感神経を高めることが大切で、首を温めて冷やさない。首の筋肉をゆるめる。首に負担をかけない。首を休める体操をする などを。「首は休み休み使う」ことですね!「バカは休み休み言って」w。

  • 首が大切なのはよくわかるが、副交感神経が心身の安静に重要な役割を果たすことはわかるが… 文章が自己宣伝の匂いが強いのが気になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1967年、東京大学医学部卒業。脳神経外科医。アルバート・アインシュタイン医科大学で脳腫瘍研究ののち、ジョージタウン大学で世界初の全身用CTの開発に従事。日本中すみずみまでCTスキャナを普及させて、日本が世界一のCT保有国となるのに尽力し、脳卒中死を激減させた。また、野球におけるデッドボールの研究成果がもととなり、今の耳付きヘルメットの基準が決まるなど、耳付きヘルメットの完成・実用化をもたらす。帰国後、大阪医科大学助教授、帝京大学客員教授等を経て、現在、松井病院理事長、東京脳神経センター理事長を務める。78年に頚性神経筋症候群を発見。30年以上首の研究を続け、自律神経失調症の治療法を世界で初めて完成させた。著書は、『CT scan 診断のための脳解剖図譜』(医学書院、平野 朝雄共著国際出版文化大賞受賞)、『慢性疲労は首で治せる』(角川書店)、『不調の95%は「首」で治る!』(講談社+α文庫)ほか多数。

「2015年 『首は絶対にもんではいけない! 首は脳の一部、強くもむと不調を引き起こす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「スマホ首」が自律神経を壊す (祥伝社新書)のその他の作品

松井孝嘉の作品

ツイートする