仮想通貨で銀行が消える日 (祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.20
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ仮想通貨はリアル通貨にはなり得てない。変動が大きすぎるので貨幣としての信頼を得ていないからだと思う。しかし、ブロックチェーン技術は確実に浸透してきており仮想通貨以外で爆発して、そこから安定した貨幣代替になるんではなかろうか。
    いずれにせよ、銀行の役割は確実に終わりを迎える。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

真壁昭夫(まかべ・あきお)
1953年、神奈川県に生まれる。法政大学大学院政策創造研究科教授。1976年、一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行に入行。ロンドン大学経営学部大学院、メリル・リンチ社への出向を経て、みずほ総合研究所調査本部主席研究員などを歴任。二〇〇五年から信州大学で、二〇一七年から法政大学で教鞭を執る。また、行動経済学会常任理事、FP協会評議委員も兼任する。
著書には、『20500年 世界経済の未来史: 経済、産業、技術、構造の変化を読む!』(徳間書店)、『MMT(現代貨幣理論)の教科書』(ビジネス教育出版社)、『仮想通貨で銀行が消える日 』(祥伝社新書)などがある。


「2019年 『ディープインパクト不況 中国バブル崩壊という巨大隕石が世界経済を直撃する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真壁昭夫の作品

ツイートする