一〇〇歳時代の人生マネジメント 長生きのリスクに備える(祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人の平均寿命は毎日5時間ずつ伸びている。2045年には100歳になる可能性がある。100歳以上は急速に増える。

    資金計画、健康計画、人間関係が大事。学びなおしを楽しむ。

    投資で月2~3万円を目指す。
    勉強は小分けで。毎日10ページ読む。忘れてもまた読み返す。
    朝時間を活用するにはとにかく家を出る。意志の問題ではなく、やりやすい環境を整えること。1週間続いたらご褒美をつくる。

    70代はまだまだいけるとみんな思っている。80になると怪しくなってくる。

    遺伝子検査の勧め。長寿遺伝子の検査。遅延型アレルギーの検査。
    酒を週1~2回にする。飲むことが習慣になっていた。
    楽しくなるご褒美を用意する。

    すぐ怒る、は認知症や脳機能の衰え。起こることが習慣になっている。右手を握って30秒やり過ごす。

    不安や悩みを相談する相手がいない。特に男性はそのように育てられている。

    いまに焦点を当てる=呼吸を数える。30くらいまで。心が落ち着く=マインドフルネス。

    ささやかな幸せを感じる習慣=今日あったいいことを3つ書き出すワーク。

    これがやりたい、という欲求の発露と周囲の承認が必要。

    手放すものをチェックリストにする。ときどき見直して本当に処分する。

  • 1時間ほどで読了。
    統計データ等からの今後の状況の話。
    身体の健康。運動や食事。
    心の健康。気の持ちようとか。
    うつ対応。
    継続力、習慣化。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

石田 淳(東京大学大学院総合文化研究科教授)

「2018年 『平和をめぐる14の論点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一〇〇歳時代の人生マネジメント 長生きのリスクに備える(祥伝社新書)のその他の作品

石田淳の作品

ツイートする