国家はいつも嘘をつく --日本国民を欺く9のペテン (祥伝社新書555)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115555

作品紹介・あらすじ

この国では、権力による真っ赤な嘘がまかり通っている。国民は国家に騙されている。
〝安倍一強〟が続くなか、「森友・加計疑惑」や「戦争法制」をはじめとする諸問題も風化しつつあるように見える。だが、国民の疑念と怒りの声は消えていない。
鳩山由紀夫氏らと連帯し、政治運動を展開する著者が、本書で「国家が国民を欺く9のペテン」を摘出して読者に問う。「9のペテン」とは――

①「アベノミクス」の嘘 ②「民営化」の嘘 ③「働き方改革」の嘘
④「2020東京五輪」の嘘 ⑤「日航ジャンボ機123便」の嘘 ⑥「平和安全法制」の嘘
⑦「平和安全法制」の嘘 ⑧「TPPプラス」の嘘 ⑨「消費税で社会保障」の嘘

国家に騙されないためには、その騙しの手口を知ることが必要なのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ★4.8(3.25)2018年12月発行。最初は、痴漢の事件のこともあり、読むのに抵抗があったが、間違いだった。冤罪の罪を背負うも、信念に基づき、日本のことを憂う。というか、著者の言う通り、何が国家の嘘を許してしまっているのか。政治権力による刑事司法の不正。首相が警察、検察、裁判所の人事権を持つとは本当に怖いことだ。社会の嘘をあばこうとすると、抹殺される社会。日本はどうなっているのか。マスゴミも結局は政治権力がマスメディアを不当支配しているが故。国民の無知をなんとかしないと、日本の将来はないかも。

  • 日航機もやっぱり、、、。植草さんこういう本書くから捕まっちゃうんだ!変なことしてないのかもね!

  • 『全国民の上位1%でしかない富裕層の負担を13兆円減少させる一方で、残る99%の庶民の負担を14兆円増大させた。財政再建のための消費税増税、社会保障制度拡充のための消費税増税というのは、嘘である。ただひとつ、巨大企業と1%富裕層の税負担を減らすためだけに消費税増税が強行されてきた。』日本だけでなく先進国のほとんどの政府が富裕層のためだけの政治をしていることが異様である。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1960年、東京生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などをへて、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役。

「2019年 『25%の人が政治を私物化する国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

植草一秀の作品

ツイートする