世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)

著者 :
  • 祥伝社
3.90
  • (6)
  • (17)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115784

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • audiobook.jpにて聴いた。世界の戦争の歴史を振り返る本。戦勝国になると次もまたうまくいくと思い、敗戦国になると次はうまくやろうと思うという、無限ループなのかなと。
    日本は太平洋戦争の総括が不十分で、現場主義で責任の所在もあいまい。個人的には、本書を読んで憲法の見直しが必要と思いますが、なかなか出来そうにないですね。
    世界では絶え間なく戦争が続いていますが、日本はたまたま70年以上も平和を維持できていてよかったと思う。これを続けるためになにが出来るだろうか。少なくとも選挙に行くのは必須かなと思う。

  • 読み応えあり。
    現在も起こっている紛争は、すべて過去の戦争、侵略が引き起こしている。
    戦争の反省をしたはずが、それが新たな紛争を生んでいたり。
    全てを理解しきるのは難しいが、世界の大まか流れを掴む教科書。

  • 戦後70年である4年前に出版された単行本を加筆修正、新書版にしたもの。
    いつもいつも池上さんにはたくさんのことをわかりやすく教えていただいています。
    この本も新しいことを知ったり、他の考え方を教えていただいたり、実は勘違いしていたということを知らされたり。

    たとえばキューバ、アフリカ、アジアにおける冷戦の代理戦争についての詳細、ここで初めて知りました。

    また、ベトナム戦争は悲惨だったけど、その後の中近東の戦争はそうでもなかった印象でした。
    実は報道規制によって「きれいな戦争」をつくっていただけだったんですね。
    すっかり騙されました。

    そして、ここに書くことで強調されてはいけないとは思った(池上さんの意見の「ほんの一部」であることを前提としてほしい)のですが、自分のために記録しておきます。(池上さんは日本が反省すべきことをたくさん述べられています。ここには書きませんが)〉

    〈現在の韓国人は「反日」をやめると自らのアイデンティティを保てなくなっているのです〉
    〈日本に向かって「ドイツに学べ」と言うのなら、中韓にも、そのドイツを許した欧州諸国の姿勢に学んでもらいたいところです。「許そう。しかし忘れまい」ならよいのですが、「忘れない、だから許さない」ではキリがありません〉

    〈本書で振り返ってきた「戦後の戦争」を見ればわかるとおり、この74年間に起きた軍事衝突に深く関わってきたのは、世界中から反省を迫られた日本やドイツではなく、むしろ第二次大戦の戦勝国です。二度と戦争を起こさないために国際連合を設立したにもかかわらず、そこで中心的な役割を果たすべき「連合国」のアメリカとソ連が、どれだけ多くの国際紛争を起こしてきたでしょうか〉

    私のような底辺の人間が「戦争をおこす」「戦争をとめる」ような大きなことはできません。
    でもhttps://www.youtube.com/watch?v=w-0aY2Y_diYちょっと感動しました。
    「憎しみより愛を選ぼう」
    みんなが少しずつ努力していくことが大切なのではないでしょうか。

  • audiobookで聞いた。

    第一次大戦から第二次大戦、冷戦、中東、アフリカ、アジアなど、各地域、各戦争毎のテーマに分けてなぜ戦争が起きてどう推移していったのかを解説している。
    その中で複数の戦争に共通してみられているのが、
    ・アメリカの介入
    ・イデオロギーや地政学的、あるいは利権関係での大国の思惑と介入
    ・宗教対立
    ・メディアの立ち位置と国民感情の関係
    ・戦後処理と反省
    等である。
    特にアメリカの介入した所ことごとくおかしな事になっていたり、途上国の内ゲバを、宗教やイデオロギー的な理由で大国が介入して、その後乱立した現地組織が泥沼の内戦を起こすあたり、救いの無い思いがする。
    その一方で少しずつではあるが、過去の失敗に鑑みて、より良いシステムを作り上げようとする人類の努力も見られるのである。

    余談だけど、CIAはやっぱ結構動いてるんだな。

  • ドイツの自動車ナンバープレートは「SS」を選べない。
    基本法≒憲法州は代表に作らせた。

    与党が改憲を訴えるのは日本のみ。
     アメリカが行ったこと。
     財閥解体、競争で経済発展。
     中間層を育て内需拡大し、外国侵略を考えさせない。
     女性参政権。

    キューバ 米軍グァンタモ基地
     1898年 米西戦争の勝利の遺産
     実質植民地化がソ連の介入、
     カストロとキューバ危機へ発展

    冷戦終了
     物理学者や数学者が金融界へ
     マネーゲーム、リーマンショックへ
     インターネットの解放へ
     社会主義の労働者が資本主義社会へ
     世界的デフレへ

    ベトナム戦争後の報道規制
     ピンポイント爆撃は命中した映像しか公開してない
     戦争はメディアを育てる

    パレスチナ問題
     イギリスの多重外交
      ユダヤ人国家/アラブ独立国家/オスマン帝国分割

    ヒトラー
     まっとうな民主手続きから生まれた
     本当に怖いのは、
     異常な独裁者よりそれを支える国民の熱狂

    第二次世界大戦後の軍事衝突
     原因は第二次世界大戦の戦勝国

  • ●アフガニスタンで戦争して、いい思いをした国はない。1800年代後半からイギリスインドが。20世紀末、ソ連が。2001年からアメリカとNATO。
    ●日本は第二次世界大戦で270万の死者。うち4割は、戦地での餓死や病死。これは指揮者の責任では。ちなみにソ連はその10倍2700万人!
    ●東京裁判は戦勝国による一方的な裁判だった点でも、また時後法が適用された点でも、まっとうな裁判だったとは言えないでしょう。ただ、それが理不尽だったとしても、日本に戦争責任がなかったということにはなりません。
    ●現在の憲法はGHQに押し付けられたものだと言われるが、二院制の採用など、日本の意見も取り入れられており、またGHQとしても、ずっと使い続けるという前提で草案したものではない。
    ●六〇年の安保闘争は、安保反対が主眼ではなく、岸首相の強権的な政治手法への反発。
    ●朝鮮半島は、シンガポールやインドネシアと違って、自力で独立をつかみ取っていない。アメリカとソ連が作った。その負い目があるために、韓国は独自の建国神話を作り上げた。上海に逃げた人々が作った「大韓民国臨時政府」が日本軍と戦って独立を勝ち取った…反日を止めると、自らのアイデンティティを保てなくなる。
    ●日中戦争は、最初から最後まで舞台は中国大陸であり、中国が日本に攻めてきたわけではありません。ロシアの脅威を食い止めるためだったとしても、日本の侵略戦争と言わざるを得ません。
    ●慰安婦問題にしても、現在の国際社会では、強制連行の有無ではなく、慰安婦の存在自体を問題視している。正論で韓国に勝ったとしても国際社会の評価は高まりません。世界の中では、日韓なんてどこにあるのか知らない人も多いでしょう。
    ●キューバを支援していたベネズエラの破綻。シェール革命の影響。2015年にアメリカとの国交回復。
    ●25年続いたアンゴラ内戦。独立運動という名の代理戦争。

  • 戦後74年を池上さんのわかりやすい解説で振りながら、頭の中のバラバラの情報を線でつなぐことができました。特にキューバ危機のくだりや第一次世界大戦の戦後処理の失敗でドイツ経済が破綻しヒトラーが台頭して第二次大戦へとつながっていくあたりの流れがよく分かりました。一つの戦争が終わっても、それで世界の人々全員が幸せになるわけでなく、勝者と敗者が出る以上、次の戦争への伏線となってしまう。政治、宗教、各国の歴史、利権が複雑に横たわっているだけにその伏線を断ち切ることは難しいのかもしれません。それにしてもアメリカはちょっかい出し過ぎですね。世界中の人々が私利私欲に走らず本当に平和的な思いで行動することでいつか戦争がおこらなくなりますように。

  • 読了20200130 オーディオブック

  • オーディオブックにて。

    なんほど〜って、そのときは思うんだけど、
    すぐ忘れてしまう。

    過去の苦い経験も教訓も忘れちゃうから、
    戦争 起きるのね〜。

    人間がいなくなったほうが、
    地球はよっぽど平和だ。
    地球の気持ちになったら、身体のあちこちに
    吹き出物ができて、痛くて痒くて、
    いっそ一掃したいだろうに。

    生かしてもらってる謙虚さを忘れて、
    ちまちまやってるんだから、強欲で傲慢だよ。
    反省〜。

  • 日本で「戦後≒平和」と呼ばれる時代にも、世界各国で戦争は起きていた。現代史の中で起きた戦争を追いかけながら、現在と未来をいかに生きるべきかを説いている。巻末にはネトウヨへの容赦ない批判が書かれているが、たぶん池上彰の本を読む人はアンチネトウヨ思想であり、当のネトウヨはそもそもこういうリベラルな本は読まないよな……

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上彰(いけがみあきら)
1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部を卒業後、NHKに記者として入局。さまざまな事件、災害、教育問題、消費者問題などを担当する。科学・文化部記者を経て、NHK報道局記者主幹に。2005年3月にNHKを退職し、フリーのジャーナリストに。
主な著書に、『経済のことよくわからないまま社会人になった人へ(第4版)』(海竜社)他、多数。

「2020年 『池上彰の今さら聞けない日本のこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上彰の作品

世界から戦争がなくならない本当の理由 (祥伝社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×