世界史のミカタ (祥伝社新書)

  • 祥伝社
3.18
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396115883

作品紹介・あらすじ

まったく新しいミカタで、世界史を斬る
これまでにない世界史――。その突破口は、中央アジアに蟠踞した遊牧民への視座である。いわく「西のローマ帝国、東の漢帝国を崩壊させる決定的な原動力になったのは、遊牧民たちの動き」であり、「中世には、どちらでも擬似古代国家が再建された」。この見方は、教科書はもちろん、大きな地域史とも言える東洋史、西洋史にはできない。以下、古代から現代までを通観。立ち現われたのは、まったく新しい「世界史のミカタ」である。これこそ、複雑な現代世界を読み解く武器となる。碩学で知られる、両著者自身が知的興奮を味わった、白熱対談へようこそ!


第1章 神話の共通性
第2章 世界史を変えた遊牧民
第3章 宗教誕生と、イスラム世界の増殖
第4章 中華帝国の本質
第5章 ヨーロッパの二段階拡大
第6章 明治維新とフランス革命の類似性
第7章 システムとしての帝国主義
第8章 第一次世界大戦のインパクト
第9章 今も残るファシズムの亡霊
第10章 社会主義は敗北したか
第11章 国民国家の次に来るもの

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 期待したほどには面白くなかった…

  • 歴史は考え方だ。事実(らしいもの)をただ並べているものは歴史ではない。おもしろかった。

  • 世界史の知識に一本背骨を通してくれる一冊。入門2~3冊目くらいに丁度いいのではないか。知識や流れをつかむことよりも、歴史への「ミカタ(見方)」を広げて、世界史が自分の「ミカタ(味方)」になってくれることを重視している。
    「神話」「遊牧民」「宗教」「革命」など世界史を見ていく上で、様々な知識をつなぎあわせる視点がコンパクトにわかる。

  • 熱田神社 三種の神器の草なぎの剣を祀っている

    イスラム教徒はアレクサンドロスをイスカンダルという
    イスカンダルを中国の感じにすると韋駄天

    8世紀等で氾濫を起こした安禄山もロクサン、ロクサネはオグド語で光に属するを意味する
    シラノ・ド・ベルジュラックのロクサーヌがどういう意味かしらない

    ローマ人はラテン語を世界に広げたようなイメージがありますが、ローマ人にとって国際語は、先進地域の言葉、つまりギリシャ語、ただローマでギリシャ語が広がったのは日常語でなくテクニカルターム

    ドル ビザンツ帝国の通貨ソリドゥス金貨にあやかったのでS

    970年 アズハル学院 世界最古の大学 ボローニャ大学ではない

    契丹 ロシアではキタイ 英語でキャセイ

    キプチャク・ハン国のバトゥが1242ドイツに進行 ヨーロッパはパニック 十字軍が終わったのは、モンゴル襲来により、それどころではなくなったからということもある

    宗教改革の影響で、カトリックはヨーロッパの勢力の半分をプロテスタントに奪われた。その失った文を取り戻すべく、世界に出ていっった

    王や貴族は近代以降も残ったが、その利点は、彼らが人を人とも思わないゆえに、政治判断に迷いがなかった

    人間は調子がいいときほど、周りに気を配らなければならない。
    日本では初代首相の伊藤博文あたりまでは、そのあたりの配慮を感じる

    11月11日 応仁の乱が終わった日

    ドイツの人間爆弾 レーニンを封印列車と呼ばれた列車にのせてサンクトペテルブルクに届けた

    ヒトラー ベルリンの誰もが目にするところで大工事 この人は私達へ仕事をくれる人だと思われた
    アウトバーンもあえて機械を使わずに人力でおこなった

    人間は得をしないとがんばらない。自分がいい思いをしたり、他人より秀でたりしたいがために頑張るのであっって、平等という理想のために頑張れなかった。社会主義や共産主義という実験が失敗した理由です

    胡錦濤までは日本的にいえば、能ある鷹は爪を隠すところがあったが、習近平にはない

    仏独が偉かったのは、青年交流からはじめたこと。ド・ゴールとアデナウアーは独仏友好条約をむすじ、青年交流をはじめた。その世代のひとが政権を担っている

    宮崎市定

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

国際日本文化研究センター教授

「2017年 『学問をしばるもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上章一の作品

世界史のミカタ (祥伝社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×