企業はメンタルヘルスとどう向き合うか 経営戦略としての産業医 (祥伝社新書)

  • 祥伝社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396116040

作品紹介・あらすじ

企業にとっての最大の財産は、従業員。
従業員が心身共に健康な状態で仕事に取り組めなければ、企業の発展はありえません。
企業におけるメンタルヘルスの問題は深刻化・多様化しており、この問題の放置による被害は拡大の一途をたどっています。生産性の低下、離職がもたらす風評被害、市場の失望による株価の下落……。
従業員のメンタルヘルスの維持・増進は、今や企業経営の最重要テーマです。
本書では、専門の産業医の立場から、企業のあるべき姿について、具体例を挙げてアドバイスしています。
人事担当者・労務担当者必読の好著!

木下翔太郎の作品

企業はメンタルヘルスとどう向き合うか 経営戦略としての産業医 (祥伝社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする