人狼天使(ウルフエンジエル) (第1部) (ノン・ノベル―アダルト・ウルフガイ・シリーズ)

著者 : 平井和正
  • 祥伝社 (1978年9月発売)
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396200848

人狼天使(ウルフエンジエル) (第1部) (ノン・ノベル―アダルト・ウルフガイ・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 史上最凶の都市〈ソドム〉が、時空を超えて蘇った。それが〝憑霊都市〟ニューヨーク市だ。凶々しい悪魔崇拝者に犯されるコンクリート・ジャングル、ニューヨーク市へ、ついに犬神明は乗り込んだ。待ち受ける凶暴な罠が、犬神明を呑み込み、閉じる。今ここで、全人類の存亡を決する大異変が大雪崩の前兆を告げる。人類史の隠された幽冥部に消えた大惨事が、再び襲い来るのか。

  • アダルト・ウルフガイシリーズ第七弾。犬神明のご先祖様? が悪徳都市<ソドム>で活躍する話と、悪霊を追い詰めてニューヨークへ行く話。

  • SFは絵だ!じゃないのか?<br>
    祥伝社の生頼範義は、早川版に比べて激しく劣っているな。書き込みが足りないよ。<br>
    この頃から女の唇が気になり出した。<br>
    この頃は平井和正もまだまともだったが、これ以降それまでのファンを切り捨て、新しいファン層の開拓に走る。(正確には、[死霊狩り3]の人類ダメ小説からの決別宣言からだと思うけど)<br>
    内容は全然覚えていないな。多分カリフォルニウム原爆が云々だったと思うけど。違ったかな?と思うぐらい、どうでもいい本。<br>
    これも生頼範義のイラストの所為。

全3件中 1 - 3件を表示

人狼天使(ウルフエンジエル) (第1部) (ノン・ノベル―アダルト・ウルフガイ・シリーズ)のその他の作品

平井和正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

人狼天使(ウルフエンジエル) (第1部) (ノン・ノベル―アダルト・ウルフガイ・シリーズ)はこんな本です

ツイートする