魔界都市ブルース 紅秘宝団 完結編 (ノン・ノベル)

著者 :
  • 祥伝社
3.79
  • (5)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396207076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  アトランティスの秘宝などというとんでもないものが出てきた割には、そのすごさが今ひとつの感だった。
     キャラクターが多すぎて混乱した。いつものことだけど。

  • アトランティスの秘宝をめぐり、「新宿」は再び戦場と化していた。祇宗寺教授率いる“紅秘宝団”と、仮面獣率いる“銀仮面”との死闘は激化。秘宝に隠されているという不老不死の秘術を狙う、「魔界医師」メフィストと魔道士トンブは謎の行動をとり、記憶を失った秋せつらは敵味方もわからぬ混沌に陥ちた。さらに魅惑の女暗殺者も加わり、魔人達の闘いは絶頂を迎えた!はたして、古代人が遺した秘宝とは何か?そして争奪戦の行方は?人気最高潮のシリーズ最新長編、怒濤の完結。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

菊地秀行の作品

ツイートする