十津川警部「家族」 (ノン・ノベル)

著者 :
  • 祥伝社
3.22
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396207670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成15.9.10 初版1刷 800
    警視庁の田中刑事が突然、辞表を残して姿を消した。飲酒運転で人をはね、死体を奥多摩に埋めた弟を守るためだった。部下の苦境を摑んだ十津川警部が対処に苦悩する一方、田中は追い詰められていた。兄弟の実家を監視する謎の男が出現、さらに埋めたはずの死体が消失していたのだ!上層部から田中逮捕の圧力がかかる中、部下を信じる十津川の推理は?単純に見えた事件の陰から、やがて貌を現わした黒い悪意とは?国民的名探偵が、真実を求めて事件を追う、感動の最新作!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2004年には第8回日本ミステリー文学大賞を受賞。トラベル・ミステリーで活躍。

「2018年 『房総の列車が停まった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十津川警部「家族」 (ノン・ノベル)のその他の作品

西村京太郎の作品

ツイートする