十津川警部「子守唄殺人事件」 (ノン・ノベル)

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 祥伝社 (2005年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396207991

十津川警部「子守唄殺人事件」 (ノン・ノベル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死体を想像すると、
    不謹慎だがちょっと笑ってしまいそうである。
    是非2サスで実写化してほしい。

  • 131103

  • 平成17.9.10 初版1刷 ¥800
    銀座クラブの美人ママが絞殺された。現場にでんでん太鼓が遺され、被害者の口にはおしゃぶりが!奇妙な遺留品の謎を解くべく十津川が捜査に乗り出した矢先、東京で演歌歌手、仙台で女性評論家が殺される。二つの事件現場にも、こけしと切り裂かれた人形が置かれていた。十津川は、手掛かりが子守唄と関連していることに注目、京都へ飛び、被害者たちの生き方を痛烈に批判する「子守唄を守る会」の存在を知る。会のメンバーに疑惑をいだく十津川の前に、ある離婚裁判が浮上したが…。

全3件中 1 - 3件を表示

十津川警部「子守唄殺人事件」 (ノン・ノベル)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西村 京太郎
西村 京太郎
西村 京太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

十津川警部「子守唄殺人事件」 (ノン・ノベル)はこんな本です

ツイートする