棄霊島 下 (ノン・ノベル (856))

著者 : 内田康夫
  • 祥伝社 (2008年10月23日発売)
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396208561

棄霊島 下 (ノン・ノベル (856))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20170822読破

  • 五島に行くので、関連した本が読みたいと思って見つけた棄霊島。
    浅見光彦の名前は知ってても読むのは初めて。
    内田康夫さん初めて。

    これから行く五島に、去年行った軍艦島。

    上陸できるようになる前から軍艦島に興味があって、いつか見たいと思ってた。
    なのである程度予備知識があったけど、
    それでもいざ目の前にあらわれたときの衝撃。

    時間が止まってしまったような場所。
    40年前まで人が溢れててここにも生活があったのに、
    石炭の時代が終わってしまったことで、
    島丸ごと置き去りにされてしまった歴史を目の当りにして、すごくショックだった。
    もっと色々と知りたくなった。

    なのでこの物語がフィクションだとわかってても、
    現実の歴史さえも私にとってはリアルじゃないけど実際目にした姿は異様で、
    そこの記憶にこの物語が入り込む感じだった。


    でもこの物語にその歴史問題が絡んでくるのか…ってのは、私の中で意外だった。
    けど自然で、そういう解釈の仕方もあるのかと勉強になった。
    また違う見方がもてた気がする。

    と、個人的にはすごく満腹な物語でした!

  • 面白かった

  • 沖縄などを舞台とした作品です。

  • とりあえず久しぶりの浅見光彦でした。うん。面白いよね。そして旅行に行きたくなるミステリーだよね。

    上下に分かれてるんだが相変わらず軽井沢のセンセはテンポよく文章を勧めてくれるからミステリ嫌いの自分でも読める。

全5件中 1 - 5件を表示

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田 康夫
有効な右矢印 無効な右矢印

棄霊島 下 (ノン・ノベル (856))はこんな本です

ツイートする