神田川殺人事件 (旅行作家・茶屋次郎の事件簿)

著者 :
  • 祥伝社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396210168

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「突然去った彼女から送られてきた手紙に描かれた川を探し出して欲しい」旅行作家・茶屋次郎に届いた一通の依頼状。
    各地の川に詳しい茶屋を見込んだ願いとともに調査料が同封されていた。
    興味をそそられ、描写から推測される土地の捜索を始める茶屋。
    さらに依頼人にも会うべく山梨に向かうが、その朝波貴士は同じ頃、神田川で他殺体となって発見されていた―。
    かつての恋人が犯人なのか!?
    真相を追う茶屋が、突然失踪したという女の素性を掴んだ時、首都を静かに流れる深く昏い闇が浮かぶ。
    (アマゾンより引用)

    なかなか面白かった(*^ω^*)
    登場人物が結構いて、誰が誰だか分からなくなることもあったけど(笑)

  • やっぱり、茶屋次郎。
    ほっとする。最後半、解決までは、はらはら一気読み。おもしろかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2019年 『黒白の起点 飛騨高山殺意の交差』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

神田川殺人事件 (旅行作家・茶屋次郎の事件簿)を本棚に登録しているひと

ツイートする