人生一手の違い―「運」と「努力」と「才能」の関係 (ノン・ポシェット)

著者 : 米長邦雄
  • 祥伝社 (1994年2月発売)
3.43
  • (3)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 47人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396310554

作品紹介

"さわやか流"将棋名人が説く"泥沼流"で人生に勝つ知恵。

人生一手の違い―「運」と「努力」と「才能」の関係 (ノン・ポシェット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「6八歩が、いい手なら、『ああ、そんないい手があったのか』ということで、それまでの自分の考えを改めて6八歩を打つ。しかし、それが分からない。6八歩のあと、相手の出方によって5五銀右と指すのだが、先に6八歩を一本打っておくことが、いいのか悪いのか。
    私は74分費やして、6八歩以下の手順を読んだ。けれども結論が出なかった。わかったのは、私の6八歩に対して、向こうの応接の仕方は10通り近くあって、そのどれもがどうなるのかわけの分からない、難しいものだということだった。
    しかし、6八歩のような、いいのだか悪いのだかわからない手に対する最善の応手は、一つしかないものだ。一つしかないから最善手というのだが、それだけが正解で、次善手というのがなく、残りはすべてダメな手なのである。これは40年近く将棋をしてきた私の経験則だ。」

    「田中角栄先生は、私の最も好きな政治家だが、かつて健在なりし頃、雑談のなかで次のようなことを教えてくれた。
    まず第一に、人間は努力する事が大切であり、努力すれば必ず成果が上がるという事。そして次に成果が上がった分だけ、他人は羨む、妬むということに気付かなければならない。第三に、他人の嫉妬心に気付いたら、それに対して配慮しなければならない。
    ここまでは世間でよく言われることだが、角栄先生は第四として次のようなことを言った。
    『人間は、いかなる場合にも、嫉妬する側ではなく、される側に立たなくてはならない。』」

    勝負、人間観察の鋭さが心地よく、楽しい本。

  • 著者の本はかなり読んでいるので、書かれているエピソードは既知のものが多かった。人生は波状の運気を持つという考えは、どん底に陥った時に自らを救う指針となる。こういう時にじたばたしても仕方が無い。好きなことをして思い切り笑い、力を矯める時期なのだ。

  • 著者は勝負の世界で超一流のレベルを30年間以上続けた人だけあって、独特の人生観、勝負観を、かなり面白いエピソードを交えて語っている。なるほどと思わせる示唆と、とても妻にはいえないような話が交じり合っているので、お勧めしづらい本ではあるが、とても興味深い。

全3件中 1 - 3件を表示

人生一手の違い―「運」と「努力」と「才能」の関係 (ノン・ポシェット)のその他の作品

米長邦雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハロルド・ジェニ...
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする