穢れと茶碗―日本人は、なぜ軍隊が嫌いか (ノン・ポシェット)

著者 : 井沢元彦
  • 祥伝社 (1999年2月発売)
3.40
  • (4)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 65人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396311148

穢れと茶碗―日本人は、なぜ軍隊が嫌いか (ノン・ポシェット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まぁまぁざっくり読み。

    言霊と神道と日本人、よくわかる。
    割り箸は使い捨て、
    木のまっさらは「清・きよ」を表すもんね。
    何の穢れも因縁もない、清められたもの。

  • なぜ父親の茶碗は汚いと感じてしまうのかが書かれているらしいと聞いて読んだ本。

    「なぜ父親の茶碗を汚いと感じるか」はほんの一例であって、この本の主題は、「なぜ日本人は軍隊を嫌うのか」というところにあるようだった。
    また、「穢れとは何か」という点にも少し触れている。

    平安時代からの例や、新聞記事からの例などを取り上げている。

    どこか意見が偏っている気もする。

    日本人は「水に流す」ことを美とする種族。

  • ああ、日本人。私はどこまで行っても、日本人。ただ、自覚しているのと、そうでないのとでは、全く違うので、気をつけよう。

  • ただ単にはー、と納得するだけではなく、反論もしながら、楽しく読みました。極楽浄土はインド?じゃあインドにとっての「憧れの国」は?ジパングだといいな♪

全5件中 1 - 5件を表示

穢れと茶碗―日本人は、なぜ軍隊が嫌いか (ノン・ポシェット)のその他の作品

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェイムズ・P・...
宮部 みゆき
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

穢れと茶碗―日本人は、なぜ軍隊が嫌いか (ノン・ポシェット)はこんな本です

ツイートする