男はときどきいればいい―愛とセックスのレシピ (ノン・ポシェット)

著者 :
  • 祥伝社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396311223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 某映画祭で見た映画がきっかけで著者を知り、読んでみたのですが、面白かったです。
    基本、図書館利用者ですが、買おうかなって思いました(笑)
    ところどころ、共感できない部分というか、自分の感覚とは違うなぁと感じる部分はあるものの、すごい感覚を共有できる感じ。
    最終的にはフリーセックスの推進派の人なのかなぁって思って読んでたけど、「違うし!」っていうところで、ストンと落ちた感じ。女子には是非とも読んでもらいたい一冊。
    男の人は・・・結局のところ理解できないかも^^;

  • 地元図書館に蔵書なし 2013

  • うん。ときどきいればいい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1970年神奈川県生まれ。作家。津田塾大学卒。96年フェミニズムの視点で女性のためのセックストーイショップ「ラブピースクラブ」設立。著書に『毒婦。』、『奥さまは愛国』『性と国家』(共著)など多数。

「2017年 『日本のフェミニズム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

男はときどきいればいい―愛とセックスのレシピ (ノン・ポシェット)のその他の作品

北原みのりの作品

ツイートする