東寺の謎―巨大伽藍に秘められた空海の意図 (祥伝社黄金文庫)

著者 : 三浦俊良
  • 祥伝社 (2001年4月1日発売)
3.80
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396312497

東寺の謎―巨大伽藍に秘められた空海の意図 (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 猛烈にオススメする面白い本です。東寺にいったことある人なら誰でも楽しめます。最高です。

  • 赤い倍音の月の年・7の月の5日 KIN21 赤い銀河の竜の日
     東寺を生まれて初めて訪れた。少年時代、自分に約束した事を実行。「和尚さんに誘われて訪れる場所」と、心に決めていたお寺である。
    帰宅してからの眠りは、願いが叶った安堵で深さが違っていた。
    千年以上前から、あの地に在るものとしての存在感は、多くの人々の驚きと感動、感銘と畏敬など、多くの想いを想像させる凄いものだった。
    坂本竜馬さんも、この建物を前にして、どう感じたのかを想像したくなりました。

  • 面白かった、純粋に。

全3件中 1 - 3件を表示

三浦俊良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

東寺の謎―巨大伽藍に秘められた空海の意図 (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

ツイートする