スチャラカ東京のオキテ (祥伝社黄金文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396312534

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷崎光のデビュー作「てなもんや中国商社」は日本と中国に関わるビジネスの現場で著者が体験する文化の差について、生々しくも軽くて読みやすく、しかも中味がしっかりしていて、質の高さには目をみはるものがあった。この本は今度は大阪人の著者が東京で経験した関東と関西のカルチャー・ギャップを書いている。これだけの軽いノリ、面白さと、高い質のバランスで、いろんな文化差について書いていくというのが谷崎光の得意なスタイルだけど、他にはなかなかいないタイプ。僕はこの人の将来に注目している。

  • バリバリ大阪っ子の谷崎氏が体験する東京でのカルチャーショック(笑)大阪は日本の中の「外国」だから仕方がないのかも?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家

「2016年 『国が崩壊しても平気な中国人・会社がヤバいだけで真っ青な日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷崎光の作品

ツイートする