太宰府天満宮の謎―菅原道真はなぜ日本人最初の「神」になったのか (祥伝社黄金文庫―日本史の旅)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396313067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 序段の「道真と梅の関係」はとても面白い。この本の主題である「なぜ神になったか」は読むのがつらいが、後段の「太宰府復興」からは地名の距離感がわかる福岡人には勢いよく読める。

  • 太宰府天満宮の歴史がよくわかった。

  • 今まで知らなかったことがたくさんでてきておもしろかった。

    太宰府めぐりしてみたいな。

  • 同じことをなんども繰返している箇所がいくつかあるのでそれでちょっとページ数を稼いでいる印象はあるのと、そこが少し読みにくい。
    それ以外はさらっと読むには良い本

  • 大宰府天満宮の宝物殿のショップコーナーの本棚で大量にこの本が売られているのを見ました。
    手軽に読めます。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

作家

「2016年 『井伊直政 逆境から這い上がった勇将』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太宰府天満宮の謎―菅原道真はなぜ日本人最初の「神」になったのか (祥伝社黄金文庫―日本史の旅)のその他の作品

高野澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

太宰府天満宮の謎―菅原道真はなぜ日本人最初の「神」になったのか (祥伝社黄金文庫―日本史の旅)に関連する談話室の質問

ツイートする