路に落ちてた月―ビートたけし童話集 (祥伝社黄金文庫)

  • 祥伝社
3.66
  • (17)
  • (15)
  • (38)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 149
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396313494

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H29.11.27 読了。

    ・ブラックユーモアたっぷりの短編集で、笑い、苦笑しました。
    ・もしも現在のタケシさんが続編を書いたら、もっと面白くなりそうですね。書いてくれないかなあ。

  • 仕事帰りの電車の中で読みはじめてひとつめの話しがいきなり
    「・・・・・・のようなもの」
    吹いたwww 混んでなくてよかったwww
    ニヤニヤしながら読み続けるwww

    文庫本、見開き1頁に満たない、半頁のものが多い
    ブラック・ユーモア、シュールな童話集
    ハッ!!!とさせられる視点
    さすがだなー 天才たけし!
    ちょっと持っときたい・・・ 嫌なことを忘れられるような話しがいっぱい。

    ○まえがきにかえて
    「教訓も、癒しも、勝ち負けも、魔法も、無い。あるのは・・・・・・何にも無くても良いです。──」
    ○カバー表紙の折り返し さくらももこさんのことば
    「たけしさんの童話は、下手な夢をひとつも見せてくれない。
    くだらない希望も決して持たせてくれない。
    それを毒だと言うのなら、現実は毒だ。
    たけしさんは昔から
    現実ってそんなもんさという事を、みんなに面白おかしく語ってきたが、
    それは今でも変わらない。」

  • 路に落ちてた月

    と訊いて何を思うか
    心に浮かぶ絵は
    人それぞれ

    というようなことを
    教わる本(違う

    教訓も
    癒しも
    勝ち負けも
    魔法も



    何もなくても良い
    この本が
    あるということが良い
    と思える童話集

    思春期に読んでた一冊

    「アナログ」を読み
    こそばゆさを感じた部分を
    中和させる為に
    尿瓶を飲み干すように
    パラパラとページを捲った

    いつものたけしさんに
    ホッとする

    道端に咲くタンポポ
    三日月の形をした小石
    水たまりに映る光り

    路に落ちてた月

  • 思わず声を出して笑って待った。
    この人の毒舌は本当に素晴らしいw

    「たけしくんの子犬」
    「自殺の名所」
    「天然記念物」
    「環境破壊」
    「夜の向日葵」
    この5つは特に気に入ったし、「自殺の名所」は大声で笑ってしまった。

    暇潰しにはなります、お勧めできますねw


  • ■くだらないっす。


    ■ニヤッとしたり、腹が捩れるほど爆笑したりかなり忙しい。


    ■くだらないけどこれは絶対古本屋なんかに売らん。
    疲れた時によく読む。

  • ビートたけしの童話集。

    マスコミ業界にはメディアパーソン三原則というのがある。

    1難しいものを分かりやすく
    2分かりやすいのを面白く
    3面白いものをより深く

    というものだ。

    ビートたけしはこれら三原則をとても上手くこなして、この童話集を書いている。世の中の真理を伝える(洞察する)のは意外と難しい。しかし、この作品はそれを分かりやすく、しかも面白く、また読者が考えさせられたり、なるほどと気付かされたりするほど深いものになっている。それに付け加え短く、簡潔だ。一行で終わるものから、長くても十数行で完結する。その短い話の中にはビートたけしの皮肉たっぷりなユーモア。惹き付けるオチ。正直で素直な視点から見える世が少し残酷。現実は毒だ。

  • 毒舌のエンターティナー、ビートたけしの童話集といっても、やはり彼一流のブラックユーモアである。視点をちょっと変えてみると、この社会の矛盾や欺瞞が浮き彫りになる。そんなにが笑いのショートショート。

  • どこまでも、どこまでも、
    どこまで行ってもこの毒吐くおっさんは、純粋。

    ガキがそのまんま大きくなったヤクザ

  • 物事の多面性を振り返ることができる童話集、と言うと難しいが要はブラックユーモアな童話集。
    短いのが多いので本が苦手な人にもオススメ。

  • ビートたけし

    電子書籍。

全25件中 1 - 10件を表示

路に落ちてた月―ビートたけし童話集 (祥伝社黄金文庫)のその他の作品

ビートたけしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ビートたけし
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする