爆笑問題のハインリッヒの法則―世の中すべて300対29対1の法則で動いている (祥伝社黄金文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.04
  • (2)
  • (3)
  • (15)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396313906

作品紹介・あらすじ

車にぶつかりそうになって、ヒヤッとした経験はありませんか?そんなヒヤッとしたケースが300回あるとすると、そのうち29回はちょっとした接触事故になり、そのうち1回は大きな事故になる。この300対29対1というのは、ハインリッヒというアメリカ人が統計学的に研究して突き止めた危機管理の法則。この300対29対1の比率を、爆笑問題が世の中すべての出来事に当てはめてみると…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 爆笑問題カーボーイのネタ本。ラジオを聞いていないと楽しめないかも。

  • このハインリッヒの法則は爆笑問題のラジオのコーナーとして聴いていたが、本で読んでみてもまた違った楽しさや面白さがあるなと思った本でした。ラジオでの内容が書いてある本なので、とても笑えるところが多かったです。また、ハインリッヒの法則という法則は名前も聞いたことがなかったので、本の内容とは関係ないけど、その法則について詳しく知りたくなった。そのあまり知らない法則をラジオのコーナーにするところも爆笑問題らしくてとても良いと思った。

  • ラジオで聞いてて面白かったので思わず買ってしまった

  • ラジオでやっていたコーナーを本にしたもの。ラジオだとそこそこ面白かったが、本になるとグレードが下がった。

全5件中 1 - 5件を表示

爆笑問題のハインリッヒの法則―世の中すべて300対29対1の法則で動いている (祥伝社黄金文庫)のその他の作品

爆笑問題の作品

ツイートする