「反日」という甘えを断て―韓国民に告ぐ!! (祥伝社黄金文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396313920

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝鮮半島の国家について知りたくて読書。

    別の人の言葉であるが、ひとつの歴史観、価値観しか許されない韓国は社会主義的な国といえなくもない。

    日本の国益を考えると韓国へエネルギーを費やして本当に付き合っていく必要があるのか考えてみるといいと思う。しかし、贖罪意識や感情、自虐史観的な要素はできる限り排除しないと現実的な状況は見えないし、また、対等な関係とは言えないと思う。

    北朝鮮の統治者に対する偶像化と韓国の安重根の偶像化が重なって感じられたのは自分だけであろうか。やはり同じ文化の国である。

    著者にはもっと活躍して欲しいと願う。しかし、身の安全だけは十分に気をつけて欲しいと思う。

    読書時間:約55分

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

金文学(きん・ぶんがく)比較文化学者、文明批評家。1962年、中国の瀋陽で韓国系三世として生まれる。1985年、東北師範大学日本文学科卒業。1991年に来日し、同志社大学大学院修士課程、広島大学大学院博士課程修了。現在、広島文化学園大学、安田女子大学で教鞭をとる。専攻は比較文化、比較文学および文化人類学。中・日・韓国際文化研究院院長。日・中・韓3カ国語による執筆・講演活動を展開、著書は70冊以上。中国では文学賞を多数受賞。現在は日本に帰化し、広島市在住。著書に『中国人民に告ぐ!』『第三の母国 日本人に告ぐ!』『「混(フン)」の中国人』(すべて祥伝社)ほか。

「2014年 『進化できない中国人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金文学の作品

ツイートする