完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫)

制作 : 渡部 昇一  渡部 昇一  中山 理 
  • 祥伝社
3.86
  • (5)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :99
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396314699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下巻は帝師に就任した1919年以降の出来事や帝師につくことで初めて目にする皇帝の宮殿や皇帝のお人柄、そして1924年のクーデターによる紫禁城からの追放とその後までが書かれている。
    本書は渡部昇一氏が日本と清または中華民国との外交関係について第三者の立場で客観的に記録され第一級の史料と指摘してたことから手にしたもの。当然、それら主題ではないため多くの文面が割かれているわけではないが、当たり前のようにロシアの脅威が前提として記されており、当時の認識をうかがい知ることができるものだ。岩波書店版では該当箇所が削除されているという点も何か示唆するものあるようだ。

  • 「紫禁城の黄昏(下)」R.F.ジョンストン/中山理 訳
    第一級の近代中国史料。
    完訳・文庫版。

    読了。(4)

  • 2009/2/4購入

全3件中 1 - 3件を表示

完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫)のその他の作品

紫禁城の黄昏―完訳 (下) 単行本 紫禁城の黄昏―完訳 (下) RFジョンストン

RFジョンストンの作品

完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

完訳 紫禁城の黄昏(下) (祥伝社黄金文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする