奈良1300年の謎 (祥伝社黄金文庫 た 3-9)

著者 :
  • 祥伝社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396315023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 興福寺の猿澤池に伝わる悲しき采女伝説、その伝説から時をさかのぼり歴史事実を解読。また、東大寺の大仏の首が落下した事件の真相、怨霊と恐れられて崇道天皇がなぜ神になったのか?幕末の奈良奉行・川路聖謨の人情味あふれる秘話など、平城遷都1300年にあわせ、奈良の歴史上の不思議や、興福寺、東大寺、その他の奈良の寺社や名僧、歴史上のミステリーを丁寧に調べあげ、著者独特の視点で読み解く。

  • 近所の細い路地を散歩していたら、思わぬ驚きに出会えた気持ちです。

  • 各章のタイトルを見れば、本当にワクワクする様なコピーなのですが、読手自身が歴史に疎すぎなのと、奈良の歴史を『知りたい』という思いで入るには、イマジネーションが無さすぎて、入り込めませんでした。
    きっと最高に面白い本なのでしょうね。。。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2016年 『井伊直政 逆境から這い上がった勇将』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高野澄の作品

ツイートする