心にトゲ刺す200の花束 究極のペシミズム箴言集 (祥伝社黄金文庫)

制作 : 丸山誠司  島村 浩子 
  • 祥伝社
3.59
  • (6)
  • (8)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396315061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  新書購入

     名言集?
     皮肉と後ろ向きな言葉がたっぷり、200。

     読んで、ほっとする。
     例文上げると・・・「取り越し苦労なんざしなさんな。もうすぐホンモノの苦労があんたのものへやってくるから」というような名言がずらりと並びまする。 ・・・・・ほっとしますよ。「元気を出して。最悪の事態はまだこれからやってくるんだから」
     いやはや。
     悩むの馬鹿らしくなりますね♪ 心のカンフル剤です♪ とても良い本。
     毎晩読んだら、眠りやすくなれそうです。

  • いわゆる名言集。ただし収集されている名言はマイナス方向の言葉。

    人生、人間、男と女、神様、健康、政治と社会、仕事や金、さまざまなことにトゲをさしていこう。
    良いお手本になれなければ恐ろしい警告になろう。

    ここにある言葉にニヤリとする程度にはゆとりある生活をおくれている幸運に感謝。

  • なんちゃって悲観主義の言葉ばかりな気がする。
    ほうら、僕ってこんなに悲観的、だからちょっとは楽観できるよね(チラッチラッ)みたいな。

    まあ、悲観主義者なら明日に絶望して、今日自殺してるだろう。

  • たまに読み返すと、非常に面白い1冊です。

  •  どの言葉も、うふふと微笑んでしまうようなものばかりでした。

  • 箴言集。トゲ刺すほどでもなかったかな。現実にトゲ刺されることに慣れたから。

  • 究極のペシミズム蔵言集という副題と強烈な表紙につられて購入

    確かに心に刺さる言葉ばかりだった。
    一つ一つの言葉に関して余計な解説などがなかったのがよかった。

  • ●内容
    ・米国のジャーナリストによる後ろ向き名言集。
    ・皮肉が光って小気味よい一冊。
    ・悲観主義者の母方祖母と、楽観主義者の父方祖母の間に育った著者のモットーは、”最悪の事態を予想しながら、最高の幸運を期待しよう”

    ●コメント
    ○ジャンルごとに羅列しているのので適宜抜粋。

    (男)
    ・本当の男女平等の時代が来るのは、
     女性アインシュタインが男性アインシュタインと同じくらいすみやかに認められたときではありません。無能な女性が無能な男性と同じくらいすみやかに昇進させられたときです。
      ―ベラ・アブズグ 1920-1998(米国の政治家)

    ・わたしたちは経験から学ぶ―男は決して経験から学ばないということを。
      ―ジョージ・バーナード・ショー 1856-1950(英国の劇作家)

    (結婚)
    ・結婚するまでは目を大きく見開いておき、結婚したあとは半分つぶっておきなさい。
      ―作者多数

    ・夫を信頼し、夫を崇め、そしてできるだけ多くの財産をあなたの名義にしておきなさい。
      ―母から娘へのアドバイス


    (健康)
    ・健康について心配するのはやめておけ。そのうち消えてなくなるものだから。
      ―ロバート・オーベン(米国のコメディアン)

    ・人生をそんなに深刻に考えるな…永遠に続くものじゃないんだから。
      ―作者多数

    (政治)
    ・政治、それは個人的な利益のために公務を行うこと。
      ―アンブローズ・ビアス 1842-1914(米国のジャーナリスト)

    ・頭がよすぎて政治にたずさわらない者は、罰として自分よりも頭の悪い人間に統治されることになる。
      ―プラトン 前427-347(古代ギリシアの哲学者)

    ・政界における第一の過ちは、そこに入ることである。
      ―ベンジャミン・フランクリン 1706-1790(米国の政治家)

  •  羅列された痛烈な「皮肉」が、真っ当な型通りの「教戒」よりも余程正鵠を射ていると感じるのは、思うようにならない人生の悲喜交交を己が身に置き換えて感じ取るが故か、それとも著名人ですら時代を越えて度し難い不満と矛盾を抱えていたことに対しての同調と安心なのか。
     人によって差はあるものの、適度な「毒(皮肉)」はユーモアに転じる、ということかも。

  • シニカル、ペシミズム名言集
    これが笑えている内は幸せなのかな(笑)

全15件中 1 - 10件を表示

心にトゲ刺す200の花束 究極のペシミズム箴言集 (祥伝社黄金文庫)のその他の作品

心にトゲ刺す200の花束―究極のペシミズム箴言集 単行本 心にトゲ刺す200の花束―究極のペシミズム箴言集 エリックマーカス翻訳島村浩子

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンブローズ ビ...
宮部 みゆき
ピエール ルメー...
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする