ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること (祥伝社黄金文庫)

著者 : 美月あきこ
  • 祥伝社 (2012年10月12日発売)
2.96
  • (3)
  • (17)
  • (28)
  • (14)
  • (6)
  • 本棚登録 :198
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396315924

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること (祥伝社黄金文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自己啓発 良い習慣を作る

    創業社長の好印象
    占い 容貌 メモする習慣などの紹介
    多くの社長との接点があったから書けた
    しかし コンプレックスを持っていないか?
    自分が真似てできることではない のがマイナスではないか

    起業にあたっての心構えは良く 参考になる

  • チェック項目7箇所。ファーストクラスに乗ることが人生の目標なのではありません、成功の結果として、ファーストクラスの常連客になれるのです。メモをどんどん取る、ファーストクラスのお客様の中には、機内のトイレに行く時ですら、紙とペンを持って入る方がいらっしゃいます。朝の時間を大切にする、「朝は頭を使う時間、午後はルーティンワーク」ということです。情報のアウトプットをしない時には、インプットをする、それがファーストクラスのお客様の成功術のひとつなのかもしれません。ファーストクラスのお客様の道具へのこだわり方は、自分自身の道具を振り返るきっかけとなり、とても参考になります。相手が言ったことの一部を繰り返す行為は「バックトラッキング」ともいいます、相手の言葉をそのまま繰り返すだけです、どんなに口下手な方でも、あら不思議、会話が続いていきます。私は成功の条件に「人の知らないこと・人のやらないことを早くやる」を挙げています。

  • 評判はお金で買えない

    どんな小さなことでも感謝を伝える

  • なんだろう。読んでてイライラしてきたので途中で挫折
    CA志望人向きだと思う。
    印象アップやらのテクニックを語るのに、この人のCA経験だけでは一辺倒というか、一面的というか...。なんかうすっぺらく感じた。 
    あとこの方自分好きすぎてそれが溢れ出ちゃってて、自分には受け止めきれなかった。どれもあくまでも自分独自のやり方受け止め方というか。
    自分すごいでしょエピソードがちょっとうんざり。
     gmbkik

  • 当たり前にすべきことをきちんと実践できる人が、ファーストクラスに乗っているのだろう。
    読んでいて、ビジネスクラスの方もそんな人ばかりではないよね、などと思ってしまったが、相対的にそうなんだろうな。
    目を見て話を聞く、話をする、お礼を言う、伝える、笑顔を忘れない。まずは、ここから実践してみよう。

  • 本当のお金持ちはファーストクラスに乗るんじゃなくて自家用ジェットを持ってるんじゃね?ってことはさておいてーー


    ファーストクラスの常連は人生の成功者ばかり。彼らの習慣を真似て、自分も成功者になろう。って一冊。

    元CAさんたる著者さんが、おもてなしのプロとしてファーストクラスに乗るVIPを見続けたから現せる一冊です。


    紹介された例を読んでいると、ファーストクラスの皆さんは自分自身のことだけじゃなくて、細かなことに気配りができることに気が付かされます。

    書中で紹介されてる点では、例えば、


    「コートのお預かりから見えてくること」

    ファーストクラスの方は、ご自身の衣類を本当に丁寧に取り扱います。そして私たちCAが扱いやすいように向き直してくださったり、コートハンガーにかけやすい向きにして持っていてくださったりします。

    (中略)

    さらに、こちらがお預かりする際には「よろしくね」とひと声添えて渡されます。

    (P94)


    本来、おもてなしする側のCAさんに対して、心配りをされてることが見て取れます。

    こういう心配りができる人だから、CAさんからも最高のサービスをしてもらえるのでしょう。

    他人に気配りができるのも、それだけ余裕があるということ。

    それなりに成功してる自信があるから余裕が生まれるのか、それとも余裕があるから成功できるのか。


    正直、一番聞きたいファーストクラス客の習慣サンプルは割と少なめ(半分以上は著者自身の心がけとか、モットーとかそんな感じ)です。

    ファーストクラスに乗る機会はないかもしれないけど、雲の上の皆様がどんな方達なのか知るだけでも楽しい一冊です。

  • 習慣が先かファーストクラスに乗れるようになったのが先か。

  • 前に読んだ時には非常に役に立った気がしたのだが、改めて読んでみると、特になんとも思わなかった。自分が成長した証拠だろうか??

  • お金持ちは偉ぶらない、謙虚、褒め上手。

  • ビジネスパーソンの中でも上位3%に入る人々のファーストクラスでの立ち振る舞いが書かれている。著者はそんな立ち振る舞いを参考に独立し、成功している。
    著者が真似して成功しているのだから読者も真似をすれば成功するという理論。
    ファーストクラスに乗っている人は必ずメモを取る習慣がある。こだわりのペンも持っている。謙虚で感謝の言葉を忘れない。相手の気持ちになって考えることができる。
    対してビジネスやエコノミーでは不平不満をいう人が多く、無理難題を要求するケースが非常に多い。
    不思議だ。身分が高い人ほど要求が少なく、謙虚であるなんてことはありえるだろうか。実るほど・・・という諺はあるが。ファーストクラスに乗るような人の周りはイエスマンが多いはずで当然煽てられて勘違いを起こしはしないものだろうか。
    おそらく3%という非常に狭き門はそこで勘違いをしておごるような人もふるい落とす篩(ふるい)なのかもしれない。
    また、本文ではファーストクラスの人の外見的特徴にも言及しており、姿勢がいいことをあげている。
    そういえば小学校時代異様に頭の良かったKくんはクラスで一番姿勢がよかったなあ。その部分を読んでいる最中から異様に姿勢が良くなってしまう。飛行機に乗っているときに読むと思わずCAに優しくしたくなる。

全32件中 1 - 10件を表示

美月あきこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
松下 幸之助
東野 圭吾
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること (祥伝社黄金文庫)はこんな本です

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 3%のビジネスエリートが実践していること (祥伝社黄金文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする