子どもがグングン伸びる魔法の言葉 (祥伝社黄金文庫)

著者 :
  • 祥伝社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396316037

作品紹介・あらすじ

食べ物をよく噛まない子のトレーニング、言葉の遅い子の発声器官のトレーニング、上手に歩けない子のトレーニング、公共の場で興奮して騒ぐ子を落ち着かせる、子どもの心が満たされる、上手なあいづち、お母さんのストレスが減る、上手な叱り方。0歳から小学生まで、今すぐ使えて効果バツグンの「オノマトペ」子育て術。脳と心を刺激する「声かけ」のテクニック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年22冊目「子どもがグングン伸びる魔法の言葉」読了。

    タイトルが気になって読んだ一冊。内容はとにかくオノマトペについて。「オノマトペ」とは、フランス語で擬声語を意味する言葉だそうな。「ドキドキ」とか「サササッ」とか。これらの言葉を使うと、脳に直接働きかけ、そのイメージを掻き立てられるとか何とか。確かに、「一生懸命頑張ろう!」よりも「ガンガンいこうぜ!」の方が効果は高い気がする。

    本書は特に、子供に対してのオノマトペを紹介していた。これからは意識して使おうかと思う。

    「パパパッと片付けてね」
    「背筋はピーンとしようね」
    「シーだよ」

    使えるシーンはたくさんあるなと。

  • 佑希さんからいただきました。
    中谷彰宏の本が多数、紹介されています。
    感謝。
    (2015年04月10日)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

オノマトペ研究家・会話評論家。博士(学術)。朝日大学経営学部准教授。早稲田大学国際情報研究センター招聘研究員。スポーツ、ビジネス、スイーツ、ファッション、日常生活などで使われるさまざまなオノマトペ(擬音語・擬態語)の使用実態とその効果について多角的に研究。日々の暮らしの中でもっとオノマトペを役立ててほしいと願い、テレビ、書籍、雑誌、講演などを通じて、その効用・利用法の普及に努めている。

「2017年 『「逆上がり」だってできる!魔法のことばオノマトペ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

子どもがグングン伸びる魔法の言葉 (祥伝社黄金文庫)のその他の作品

藤野良孝の作品

ツイートする