隠された帝―天智天皇暗殺事件 (ノン・ポシェット)

  • 63人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (5)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 井沢元彦
  • 祥伝社 (1997年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396325527

隠された帝―天智天皇暗殺事件 (ノン・ポシェット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白い…!古代って史料的に不足な部分が多くて、いろんな説があって面白いなぁ。天智天皇って腹黒いイメージだったんだけど、天武天皇はそれより上をいきますのね。天武系って無縁仏なんだ。本当?持統天皇は天武系だけど百人一首には2番目に出てくるのね。それはそういう実績を評価されて?■物語としては追いかける歴史と現実世界がもう少しリンクしていればなぁ、という感じ。私立探偵が最後にいい人っぽくなっていたのが面白くない。

  • 大化改新の立役者天智天皇は、弟・天武天皇によって暗殺された!壬申の乱後、正当に皇位を継いだ天武―。それが歴史の定説である。だが、史書『扶桑略記』には“天皇行方不明”と記している。『日本書紀』に遅れること400年、史料として無視されてきた。しかし、もし正史が暗殺者による自己正当化のための書としたら…。歴史の中枢を揺るがす衝撃の歴史推理。

    祥伝社(1990.07)
    ノンノベル(1994.10)
    祥伝社文庫(1997.02)

  • 「天智天皇暗殺説」「天武天皇との非兄弟説」「天武天皇年上説」天智・天武両天皇にまつわる謎を、小説形式で分かり易く解いている。まさか絡めた事件がそういう形で結実するとは、そっちもびっくり。書記の嘘や鍵となる万葉集。他にも見落とされた史料を通し、謎が解かれていく様は納得で爽快。それにしても権威ある学者って・・・嫌だわ・・・。

  • 天智天皇暗殺についての推理はかなりおもしろかった〜!歴史学者が書いてるだけある!
    でも、その他の部分は…
    犯人とかすべて分かっちゃった…そこで★ひとつ減点!

  • 副題が「天智天皇暗殺事件」歴史ミステリーと、現実の事件とをうまく組み合わせて構成された傑作、だと思う。
    百人一首、の一番初めであり、また山科の御陵(地名。みささぎ、と読みます)は実家にもまあ近く、というか御陵に私のお茶の師匠が住んでおられた、ということもあって毎週通っていた時期もあったりするんだけど、いつも素通りしてたし…ああ、一度でいいからおまいり(?)しておけば(未公開かもしれないんだけど…せめてもちょっと近くまで行っておけば)と、ちょっと後悔している。
    しかし土地勘や、歴史的知識がなくっても楽しめる本。それは天皇家の系図とか蘇我氏とのかかわり、壬申の乱の基礎知識なんぞはあった方がいいだろうけど、まったく知らなくってもきちんと説明がはいってますから。(しかも自然な感じで。そこ、ポイント高いですね)

全8件中 1 - 8件を表示

隠された帝―天智天皇暗殺事件 (ノン・ポシェット)のその他の作品

井沢元彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

隠された帝―天智天皇暗殺事件 (ノン・ポシェット)に関連する談話室の質問

隠された帝―天智天皇暗殺事件 (ノン・ポシェット)はこんな本です

ツイートする