夜叉姫伝〈4〉美影去来の章―魔界都市ブルース (ノン・ポシェット)

著者 :
  • 祥伝社
3.63
  • (4)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (645ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396325954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不死の吸血鬼“美姫”によって、完全に吸血都市と化した「魔界都市・新宿」。寸前で政府の核攻撃は回避されたが、都市再生の鍵を握るせつらもまた、美姫の手に堕ちようとしていた…。せつらの危機を察知した魔道士トンブと人形娘は、形勢逆転の大魔術“アカシア記録注入”を計画。果たして最強の敵は斃せるのか?そして「新宿」の明日は。

  • 不死が死に屈することはなく、ゆえに死は不死の前に膝を折る
    では、不死は何人にもその頭を垂れぬのかと問えば、答え否となる
    不死を不死たらしめる意志を手折るのは、死ではなく、一言の絶望
    不死の牙城は、絶えることを望む意志の前に容易く屈した

    人間であれ鬼であれ人形であれ、「人」である以上、絶望は何れの時代であっても正しく作用するらしい。
    長いようで短いつき合いだった。
    さらば、夜叉姫。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

菊地 秀行(きくち ひでゆき)
1949年、千葉県生まれ。青山学院大学卒業後、雑誌記者の傍ら同人誌に作品を発表し、82年『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。85年、『魔界行』(祥伝社刊)三部作が大ヒット、人気作家の座を不動のものとした。
ノン・ノベル既刊の「魔界都市ブルース」(シリーズ59巻刊行中)「ドクター・メフィスト」(シリーズ6巻刊行中)『魔海船』(全3巻)や「ナイト・キッド」(祥伝社刊文芸書・シリーズ3巻刊行中)など、著作は400冊を超えた。

夜叉姫伝〈4〉美影去来の章―魔界都市ブルース (ノン・ポシェット)のその他の作品

菊地秀行の作品

夜叉姫伝〈4〉美影去来の章―魔界都市ブルース (ノン・ポシェット)に関連する談話室の質問

ツイートする