震える血 (祥伝社文庫)

制作 : Richard Matheson  Robert R. McCammon  夏来 健次  尾之上 浩司 
  • 祥伝社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396327460

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エロとホラーをテーマにした海外のアンソロジー

    特に気に入った作品は、
    変身(グレアム・マスタートン) 出張先で出会った美女に誘われるままに肉体関係を持った主人公に襲い掛かる悲劇。いわゆる、異性化(TSF)を扱った作品。しかし、単にエロだけで終わらず最後の落ちもなかなかよかった。

    イーディス叔母の秘術(ゲイリー・プランナー) 婚約者の女性とともに、女性の叔母にあいさつに行くことになった主人公。叔母は、女性に買い物に行かせてる間、主人公に肉体関係を持ちかける。主人公がそれに応じると、叔母は主人公の意識を性玩具に移してしまう。すべては、主人公の誠実さを試すために行ったことだった。最後は、婚約者の女性が主人公の意識の入った性玩具で自慰するところで終わる。

  • エロティック・ホラーのアンソロジーと謳っているけど、所変わればこれがバカSFにもなる…。
    文春文庫の「恐怖+エロス」テーマのアンソロジー(「レベッカ・ポールソンのお告げ」「筋肉男のハロウィーン」)と比較すれば、表現は遥かに露骨だけれども。

  • 表紙ほど中身はエロくないという感じ

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

Richard Matheson

「2006年 『不思議の森のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・マシスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
シオドア・スター...
ジョナサン・キャ...
リチャード レイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする