涅槃の王〈1〉幻獣変化 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.73
  • (12)
  • (15)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 139
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396327866

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018.4.1(日)¥100(-2割引き)+税。
    2018.5.18(金)。

  • 「幼獣変化」を後から読んだが、物足りない感じだった。
    「神獣変化」は途中35年前の回想が長くてどうなることかと思ったが、
    ザラ王の正体も、アムリタの秘密も明らかにされてよかった。
    さらにシッダールダが覚って覚者となって
    超人的な力を発揮するようになっていくところは面白かった。
    「いつでもそこにあるもの、知っていたこと、それに気づくだけ」「すべて同一」という真理は
    聞いたことがあって、でも実感できていないもの、私がたどり着きたいところ、
    というのを改めて思った。
    シッダールダ並みの精神的成熟度や修行が必要ということになっているみたいだった。
    陳夢龍の最期はすごくて、なかなかよい死に方になっていた。

  • 2012.12

  • マーサーカ王国宝物庫から蛇魔像が盗まれる。それを追うもの、追われ逃げるもの、それに加わりし若き仏陀シッダールタ!果たして蛇魔像に隠された秘密とは?獏さんが放つ超伝奇小説!

  • シッダールタ様の描写が素敵過ぎる。
    彼がどうなるか気になったがためにひたすら読んだよ、あたしゃ。
    しっかし、結局アムリタの正体がソレなのか…ちょっとなんか納得いかないような、そうとしかならないような、アムリタの説明もうちょっと易しく教えてプリーズ…

  • 完結しない作家夢枕獏のシリーズものでいまのところ唯一完結した作品じゃなかるか。
    ちなみに主人公はシッダールダ(のちの仏陀)。
    夢枕獏らしさが、前面にでててなかなか面白かったです。

  • 仏陀を主人公にした長編小説の序章。山あり、バイオレンスあり、と夢枕ワールド全開。【2】をこれから読むところ。

  • 総ページ2763。覚りを開くための問答はクドサもあるが、波瀾万丈のストーリーテリングはさすが。不死の秘密が意思の力とヨガの呼吸法で二重螺旋を変化させるというのは、そこまで踏み込むとは思わなかったが。

  • これくらいの夢枕獏が好き。獏レディはエロくてつよくて美しい。まあ展開は夢枕獏~て感じ。

  • 「内面」の描き方が良かった。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、小田原生まれ。「上弦の月を喰べる獅子」で第10回日本SF大賞を受賞、「神々の山嶺」で第11回柴田練三郎賞を受賞。平成11年4月朝日新聞に「陰陽師(おんみょうじ)」を連載、陰陽道ブームの火付け役となる。著書に「魔獣狩り」シリーズ、「闇狩り師」シリーズなど。

「2018年 『バロルの晩餐会 ハロウィンと五つの謎々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

涅槃の王〈1〉幻獣変化 (祥伝社文庫)のその他の作品

夢枕獏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする