puzzle (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.07
  • (44)
  • (174)
  • (794)
  • (129)
  • (25)
本棚登録 : 2375
レビュー : 264
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396328092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関根春くんが登場してたんですね。
    バラバラなピースから謎が解き明かされていく場面は見事でした。

  •  寒い日が続いており、お風呂が気持ち良いですね。そんなお風呂上りに読み始めた一冊です。
     短かったけど、しっかりとしてミステリーでした。
     謎の3つの死体、1人は餓死、1人は転落死、1人は感電死。ほぼ同時刻に死んでいた。登場人物が少ないので、この人怪しいなとすぐに思いましたが、それでも真相の内容は面白かったです。

     <以下引用>
     あなたはその瞬間を見たくはありませんか?あなたにもいつか訪れるその瞬間を?

     私は、見たくないです・・・。いや、別に見たいか見たくないかの話じゃないのですが。私は怖いです。だから見たくないです。
     ところで春という検事さん、別のお話で登場している人らしい。この春って人がどんな人なのか知りたいので、恩田さんの作品を順番に読んでいきたいなと思いました。

  • こんな超常現象を超人的に推理するなんて。

  • たぶん1度読んでた気がするけど覚えてなかった。 興味深い展開なんだけど結末はあっさりというか物足りないというか納得感がないというか。

  • 廃墟好き、または軍艦島マニアにはたまらない一冊。
    軍艦島を訪れた男二人が、瓦礫の廃墟を散策しながら島で起きた不可思議な変死事件を推理する。
    恩田陸の描く場所や空間の魅力が好きなら必読。機知と皮肉に富んだ会話だけで充足感がある。
    過去になった営みと過去にされた事件が交錯し、非日常と日常の境界線が曖昧になっていくノスタルジックな感覚がえもいえぬ。

  • 中編ミステリ。廃墟の雰囲気がいい。

  • ★若干のネタバレあり★

    とても好きな作家さんの作品なので、とりあえず読了。

    まずはピースをひとつずつ消化。でも実はこの書き方は個人的にあまり好きじゃないです。何故なら頭に入りにくい。飽くまでも私がですが。
    結局物語の中盤でまた最初のピースを読み直す羽目に...。(これが作者の狙いなら正解ですが)
    特に料理の「モラセスってなんだ?」って言われてそんなことでて来たかな?って思ってしまった。

    推理はわりと簡単で半分以上わかってしまった。
    唯一わからなかったのは屋上の死体。
    まぁ反則ですよね。数字も無理やりかも。

    最後の答え合わせで感動したのは光文かな。
    そのエピソードだけで少し泣きそうになりました。

    短かったけど楽しく読めました。

  • なんだか不思議な話。 まずはピース、次に推理、最後に真相。 志土と春の話、もう少し読みたかった。

  • 短い文量ですっきりまとまっている。
    答えありきの一本道と言えなくもない。
    すごく久しぶりの恩田陸だった。
    10年近く前からの積ん読がやっと消化できた。

  • それほど、長い話ではないのだが、あまりにも真実が想像できないスタートからの展開、結末がすごい。もちろん都合よく書いているにしても無理のないオチなので読んでも不満は残らない。恩田さんは本当に先が読めないドキドキワクワクを書く天才。MAZEの方がワクワクしたけど、あちらの結末はちょっと残念だったかな。

全264件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

puzzle (祥伝社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする