puzzle (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.07
  • (44)
  • (174)
  • (794)
  • (129)
  • (25)
本棚登録 : 2375
レビュー : 264
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396328092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと話を膨らませられたら、
    さらに面白くなったと思う。

    お手軽な本が読みたい人に薦めるにはいいかも。

  • 軍艦島は行った事があるので、情景はすぐ浮かんできたが、最終的な結末がやはりいまいちだ、

  • 序盤のpieceをもとに読めばなかなか面白いと思う。

    展開的には結構強引な気がするけど、こんなもんかなとも。
    何も解決しない超常現象モノや、意味不明なトリックを使われるよりマシ。

  • すぐ読み終わる。設定は興味深く、途中まで引き込まれるが、この結末に納得がいくかどうか。

  • 舞台は軍艦島がモデル。それだけで満足。

  • ある種の企画ものなのかなという印象を持った。それほど、小説としての充実感のようなものを感じなかった。冒頭など、雰囲気は非常に「そそる」ものがあるだけに、逆に肩すかし感が強かった。残念。

  • 不思議な雰囲気のミステリ。
    関根春が登場。

  • あっ・・と思ったらもう終わってました。
    短い薄味小説です。一瞬で終わります(薄いし)。
    プロローグを読むのがつらかったです。
    関係ない新聞記事がだらだら続きます。ま、いづれ本文で関係してくるんですが、別にわざわざプロローグで紹介しなくても・・という印象大です。
    本文も起承転結一気に駆け抜けていきます。
    読み終わったあとの感情も湧き上がってこないくらい早いです。

    無理に一つ感想を言うとしたら:主人公検事の「志土」と「春」、青春少女漫画のヒーローみたいな名前です。とても中年検事とは思えませんでした。

  • 中編で読みやすかったです。

  • ネタとしては面白いけど、あちこちご都合主義的な匂いがするのがちょっと気になる。

全264件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

puzzle (祥伝社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする