クール・キャンデー (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.41
  • (22)
  • (83)
  • (147)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 643
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396328139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公は中学生の杉原渚。

    ストーカーに襲われ重体だった兄嫁である柚子さんが他界し、さらに、同時刻にそのストーカーも変死した。
    そのストーカーの殺害容疑が兄の良輔にかかっていると知り、渚は事件の真相を調べ始める。

    渚の悪いと思ったら、すぐ謝るところとか、兄の為だと思っていたのに自分の為だったことに気づいて自己嫌悪になるところとか、小学生の女の子を自然と助けていたり、良い子だなぁと思う。

    事件の真相については何も書かないけど、最後の最後でえっ!?となる終わり方でした。

  • 誕生日と夏休みの初日を明日に控えた中学生の渚は胸を弾ませていたが、思いがけない事件が起こる。
    ストーカー被害に遭った兄嫁が死に、さらにそのストーカーも変死したのだ。
    警察が兄を殺人犯と疑っていると知り、渚は家族の無実を証明するため奔走する。
    果たして、殺人事件の真相は…。

    主人公の渚の一人称で中学生らしい日常が描かれ、青春小説のようなテイストで物語は進んでいきます。
    同級生の男の子との淡い恋や、複雑な家庭で育った彼女の屈託も可愛らしいなあと思いつつ、軽いノリでさくさく読めちゃいます。
    生意気でどこか冷めている渚ですが、家族の疑惑を晴らすために奮闘する様はとても一生懸命で心打たれました。
    憎めないキャラで、友達になりたいなあと思わせてくれます。

    終盤、伏線が回収されていき、まさかまさかの結末…。
    ラストにはびっくりさせられた人も多いんじゃなかろうか。
    薄々予想はしていたものの、横からいきなり刺されたかのような衝撃。
    ラストの一文のために書かれた小説といっても過言ではありません。

    最後までたくらみに満ちた作品。
    夏の終わりに読んだのですが、けだるい暑さから一気に氷点下の気分を味わえるという、夏ぴったりのお話でした。

  • 海辺の街に暮らす主人公の中学生・渚。
    誕生日と夏休み初日を翌日に控え幸せの絶頂にいた。
    が!自殺未遂で入院中の兄嫁死亡のお知らせ、
    畳み掛けるように兄に殺人の疑いがかかりorz状態。

    兄嫁自殺の原因はストーカーレイプ被害であり、
    そのストーカーが何者かに追われて轢死、
    警察はその時間帯のアリバイがない兄を疑っているのだ!
    兄の無実を確信する渚は調査に乗り出すが・・・という作品。

    渚の周囲では子供を狙った変態の事件あり、
    渚の幼馴染の同級生男子の淡い恋心あり、
    と青春小説の体を装いつつそれが伏線。
    ストーカー犯死亡事件の方はその伏線で解決を見るが
    その影に隠された別の事件が最後の最後で明らかに!

    久々にラスト1行でどんでん返しという良い作品でした。

  • 兄嫁を死に追いやったストーカーが謎の変死を遂げた。
    疑われたのは渚(中2)の兄。
    兄の無実を証明するため渚は奔走する。
    渚視点のため中学生らしい読みやすい文章。
    わずか160ページという薄さ。
    青春小説を思わせる爽やかな雰囲気。
    微笑ましいとすら思っていたところに、あのラスト。
    鳥肌がたった。
    ナメてかかって痛い目みた。
    面白かったなあ。

  • 厳密に言うと★3.5ぐらい。
    中学2年生の『渚』視点で、話し言葉口調で語られているのでさらっと読みやすい。登場人物は主に渚の学校の友達や家族なので、日常に潜んでいて妙にリアル。
    読み終わってから、兄妹で考え方やタイミングが似ている、という点がフラグだったんだなと理解。

  • なかなかクールな結末。

  • 中学2年の少女の夏休みの宿題におきた事件を描いた話。
    渚の兄嫁がストーカーに襲われて自殺した。その後そのストーカーも事故死するが、事故ではなく殺された疑いが出る。そして、その犯人として渚の兄が警察に疑われる。
    渚は兄への疑いを晴らす為事件を調べ始めるが…。
    渚目線で話が進み、筆者らしいからっとした文章で、読みやすい。ラストに向かって、どんどん意外な事実が出てきて、ラスト一行に驚かされる。紛れもなく面白い作品。

  • ひと夏の思い出主人公中学二年生「渚」
    私的に文章の書き方が好きではないかな?やけにおませな中学生的な感じにとらえてしまった。
    兄の嫁がストーカーに合い精神を病んで飛び降り自殺・・
    嫌がらせをするためにストーカー犯人の家に押し掛ける「渚」
    まず犯人の住所をどうやって調べたの?
    中学二年生が夜10時半の遅い時間帯よく出かけられたね
    と突っ込みどころ満載でございまーす。。

    おっと話を戻しまーす
    ストーカーも車にはねられ死亡したのよね~
    もちろん兄に疑いがかかるが兄はアリバイがある・・

    それは最後の一行を読んでね

  • 児童書かと思うくらいスラスラと読めてしまった。主人公の渚のちょっと生意気ででも素直で可愛い語り口調が、なんとも読んでいて気持ちよかった。気がついたら一気に読み進めてしまっていた。内容としては、軽すぎず重すぎず、でも最後の兄貴の告白には渚同様ポカンとしてしまった。顔よし、頭よしの兄貴。あんたが1番恐ろしい人だったとは。

  • 夏休みを過ごす中学二年生14歳の元気な女の子・渚が兄嫁の死と生前彼女につきまとっていたストーカー男の不審な死の謎に迫って家族の大ピンチを八方丸く収めてみせる若竹七海さんの痛快青春ミステリ中編小説です。14歳年の離れた異母兄・良輔が同級生のストーカー男の殺害疑惑で警察から厳しくアリバイを追求されて苦戦する中で兄の無実を確信するヒロイン渚はそれだけでなく近所を騒がせる痴漢男の事件をも解決に導く影のスーパー素人女探偵なのですね。13行×156頁の短さで最終行のサプライズを演出する若竹さんのプロ根性に脱帽ですね。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。立教大学文学部史学科卒。1991年、『ぼくのミステリな日常』でデビュー。2013年、「暗い越流」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。その他の著書に『心のなかの冷たい何か』『ヴィラ・マグノリアの殺人』『みんなのふこう 葉崎は今夜も眠れない』などがある。コージーミステリーの第一人者として、その作品は高く評価されている。上質な作品を創出する作家だけに、いままで作品は少ないが、受賞以降、もっと執筆を増やすと宣言。若竹作品の魅力にはまった読者の期待に応えられる実力派作家。今後ブレイクを期待出来るミステリ作家のひとり。

「2014年 『製造迷夢 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若竹七海の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

クール・キャンデー (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×