文字禍の館 (祥伝社文庫)

著者 : 倉阪鬼一郎
  • 祥伝社 (2000年10月発売)
2.63
  • (0)
  • (1)
  • (15)
  • (6)
  • (2)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396328146

文字禍の館 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 感想:なんじゃこれ??文字に着目して話作ってみてるのは面白いけど、別に話は面白くない。薄いし小一時間で読めたのが救いか・・・

  • 感想:なんじゃこれ??文字に着目して話作ってみてるのは面白いけど、別に話は面白くない。薄いし小一時間で読めたのが救いか・・・

  • 文字がそれだけで意味を持つ、という漢字の特色を生かした?中編。

    デカイ書体で書かれると、漢字って結構迫力あるんだな、と。でも、CGか何かで映像化したら、怖いよりも笑ってしまったりして。

  • これは怖い……のか?ただ発想としては興味深く、そういう意味ではおもしろく読めた。

全4件中 1 - 4件を表示

倉阪鬼一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
麻耶 雄嵩
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

文字禍の館 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする