CANDY (祥伝社文庫)

著者 : 鯨統一郎
  • 祥伝社 (2001年10月発売)
2.48
  • (0)
  • (1)
  • (16)
  • (8)
  • (4)
  • 56人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396328863

CANDY (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • な、なんや、これ

     言葉遊びだけのスラップスティック。

     マッケン爺、阿武能丸、ビッグ伴、シャーリーズ・エンジェル、牙民族、ダイオ鬼神、華幻嬢女、団地街平行棒、最古セラピスト、ダライ・マラ、CandY でキャンディ。参った。

  • 軽く読める本を探してたら家にあったので読みました。
    くだらなくておもしろかったけど下品な部分がちょっと肌にあわなかった。しかしこれSFって言っていいのか(笑)

  • 「CANDY」鯨統一郎
    不条理SF。特になし。
    @電子書籍 48 冊目。

    わー、名状しがたい一冊。
    分量は少ない中編なので、30分くらいで読めます。
    目が覚めたら見慣れぬ世界で記憶喪失になっていた主人公が、セクシーガールズ「シャーリーズエンジェル」と共に、パラレルワールドでたたかう言葉おふざけアクション。
    …説明書いてる自分が阿呆に見える…

    明らかに人によって好き嫌いあると思います。SF大会の中で、同人誌とかでのノリ。よく単品で出したな、祥伝社。
    自分は嫌いではないです。…嫌いではないですが、もうちょっと何というか商業作品として読み応えが欲しかった。。
    誤解の無いように書きますが、文章のお作法としては申し分なくまともです。

    否定的なわけではないんだけど、評価難しいってことで…☆2です。すいません。(2)

  • 鯨統一郎、ちょっとふざけすぎかも。。。

  • 2003年9月23日読了

  • くんだらねーぶふーと笑った。嫌いじゃないです、この人のお話。30分くらいでよめるから、ネガティブになったときにちゃちゃっと。

  • ティーチャーが貸してくれた邪馬台国の人が書いた本<br>
    他の人の評価をみたら低かったのでまだ読んでいない。<br><br>
    あ、あとコロボックルの咳はいつまで続くの?

  • 言葉遊びの面白さ、パロディの面白さはありますが、内容はさして濃くありません。むしろバカバカしいと言った方が良いような作品。ちなみに一応、SFらしいです。

    短い物語なのでサクサクと読めました。主人公“ボク”と不思議な世界の住人たちとの遣り取りが面白かったです。特に主人公のツッコミが素晴らしい…大阪人の私とて、なかなかこうはいきませんよ。

    しかし、ラストはあれで良いのでしょうか。主人公がγ(ガンマ)世界でのこと、すっかり忘れてますけど。好き嫌いがハッキリと分かれる作品だと思いますが、私は嫌いではありません。たまには難しく考えずに済む読書も良いものかと。

全9件中 1 - 9件を表示

CANDY (祥伝社文庫)のその他の作品

CANDY (祥伝社文庫) Kindle版 CANDY (祥伝社文庫) 鯨統一郎

鯨統一郎の作品

CANDY (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする