その後のシンデレラ―新「様式模写」小説 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.14
  • (2)
  • (0)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396330231

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実情も分かっていない外野の門外漢が闇雲に新機軸を喧伝し現場を混乱に陥れる。司馬遼太郎から仕入れた歴史上の天才を自分になぞらえる。時に竜馬となり、海舟になる。恥ずかしき迷妄が縷々綴られる。笑いながらも、笑うたびに皮肉の矢は自らに深く突き刺ささった。

  • 普段読む感じとは全然違ったのでそれなりに楽しめはしたが、女子高生の心情部分など絶対こんな言い方しないだろうってところが何ヵ所かあって少し読みづらかった。オチはどれもいい感じだと思う。

  • 表題作、そんなに悪くはないんですが、
    東野圭吾さんの「シンデレラ白夜行」を読むとどうも安直な印象が拭えません。
    あとの作品も悪いというわけではないのですが、
    表題作とは全く趣向の異なる、日常を扱った小説の数々です。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

清水義範
 愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。
  『国語入試問題必勝法』により第9回吉川英治文学新人賞を受賞。
 代表作に『蕎麦ときしめん』『国語入試問題必勝法』『永遠のジャック&ベティ』『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』などがある。

「2014年 『清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 戦国時代~幕末激動編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

その後のシンデレラ―新「様式模写」小説 (祥伝社文庫)のその他の作品

清水義範の作品

ツイートする