まほろ市の殺人 春―無節操な死人 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
2.92
  • (2)
  • (11)
  • (84)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 195
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396330460

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真幌市の大学生が突き落としたはずの人間が消えた謎を追う。

    青春小説のような軽いタッチだが倉知さんのならでは推理が楽しめる。
    ただとにかく短くて物足りなく終わってしまうのが残念。

  • 四人の作家による共作の「幻想都市 まほろ市の殺人」の「倉知淳」さん編。

    こいう企画物もなかなか面白いし、中編小説なので読み易いが・・・ちょっとストーリーに無理があると思う。ただ、そういう縛りを超える面白さがあるのも否めない。

    倉知さんと言えば、「星降り山荘の殺人」が有名だが、軽いタッチで読み易い文章を書く。この中編もなかなか読みやすく主人公が大学生だから気軽に読める。ただ、犯人が誰なのか明かしてないのは???な気もするが・・・・。あと、あまりにも偶然が重なりすぎるのもちょっと気になる。ただ、先ほどの縛りがあるから仕方ないかなとも思う。

    次は「我孫子武丸」さんの「まほろ市の殺人 夏-夏に散る花」に期待したい。

  • 2015年9月9日読了。
    2015年128冊目。

  • 短くてあっけない。伏線かと思ってたものがヒント(?)で消化不良感あります。ぶっ飛び系日常の謎…???

  • 摩耶さんのに続けてこちらもあっという間に読了。軽くて読みやすくて、そこそこゾッとさせていただいて、倉知さんならでは!といった感は特になかったけれど楽しめました。

  • 架空都市 真幌市。
    この都市で起きた事件を四季毎で四人の作家が描く。
    まずは<春>。
    軽くサクサクと読めますが…

  • 架空の都市・真幌市を舞台にしての4作の競作の内のひとつ、春編です。(ちなみに他は、夏:我孫子武丸、秋:麻耶雄喬、冬:有栖川有栖が書いてます)
    Dramatic Noveletteという「長すぎず短すぎない中篇小説」をモットーにした文庫のようで、軽く読めるサイズが魅力v 夏~冬も読んでみる予定でいます。

    春の真幌市名物・浦戸颪(いわゆる大風)が吹き荒れた翌日の朝。大学生・湯浅はちょっと気の強い彼女・美波から珍妙な愚痴を聞かされた。
    「痴漢に遭っちゃったよ、しかも幽霊。」
    憤慨しきりの彼女の元に、今度は彼女の友人から「人を殺したかもしれない」と電話がくるのだが、7階のベランダから侵入者を突き落としたはずなのに死体がナイというこちらも妙な話。だが後日、その侵入者はベランダ出現前に殺害されていたという更に妙な話に発展していく…。

    軽い。文体もさわやか青春風、といいましょうか。(殺人事件で「さわやか」ってのも変ですね)
    事件解決の仕方は少々うやむやの感がありますが、これは仕方がないことかもしれません。一介の暇を持て余した学生の情報収集なんてたかがしれてますし、目的は犯人探しではなくて、疑いを掛けられそうな友人が心配でなんとかしなくちゃ!というところにありますからね。収集した情報がすべて真実で嘘がないという前提での納得がいく解決、にすぎないので、私はまったく気になりませんでした。
    ただ、万人がそうとは限らないのもまた事実…。それもまた、仕方がないこと…。
    でも、これは万人に共通かと思うのです。
    すべてに帳尻があった解決にて出来上がった「光景」。その幻想、幻影的な光景。妖しさ。
    読んで、その光景を是非想像してみてください。

  •  インターネットが導入されたてなど時代を感じる描写があるが、大学生は今も昔もちっとも変わってないね。
     
     トリックは多少詰めが甘いとは思うが、発想としては楽しめる。悪いとは思わなかった。

  • 架空の都市”まほろ市”で起こる殺人
    読みやすい文章だし、短めなんでサクサクいけます。 謎解きが中々ユーモラスで笑っちゃいました。 こういうの好きですよ。

  • 短い作品なのに、次から次へ人がでてきて、いったい誰が探偵?
    って感じだったけど、最後はちょんと辻褄を合わせた感じかな。
    死体のトリックは横溝正史を思い出した。

    倉知淳はすごく久しぶりに読んだけど、相変わらず読みやすい文章を書くな。

    自分もマスターと一緒で最後の仕上げを人に頼って楽したいタイプかな。

全32件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962年静岡県生まれ。日本大学藝術学部演劇学科卒業。1994年、『日曜の夜は出たくない』で倉知淳として小説家デビュー。1997年、『星降り山荘の殺人』で第50回日本推理作家協会賞(長編部門)候補。2001年、『壷中の天国』で第1回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。2002年、「桜の森の七分咲きの下」で第55回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。

「2013年 『シュークリーム・パニック ―Wクリーム―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉知淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
米澤 穂信
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする