秘剣雪割り (悪松・棄郷編) (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.50
  • (1)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396330613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪松がいっぱしの剣客家になるのか?

  • 他のシリーズは長すぎて、結局間違えて4巻を読んでしまった秘剣シリーズの1巻目。ほぼ内容は判っていたので、逆に読みやすかったかも。まぁ、痛快とまでいかない剣豪物、姑息な悪役はパターン化してるし勧善懲悪でなく主人公も身勝手な乱暴者。簡単に人が殺されるってのは、あまり後味が良くない。まぁ、アニメ路線から切り替えの繋ぎで読んでみます。

  • ちょっと興奮するシリーズです
    大藪春彦を髣髴する悪が主人公!
    体から吹き上がるエネルギーをもてあますかのように暴力の限りをふるうのだが、佐伯先生の主人公らしさとしてはストイックに己の体をトレーニングする部分の詳細な記述である
    伊達邦彦・・・江戸時代に生まれればこの悪松となったとおもう

  •  これで佐伯さんのシリーズ3本目に突入(図書館で借りてるんだが、今まで読んでた密命の続きが貸し出されてたので(笑))。
     既読2シリーズに比べダークヒーローですな。さらに武闘シーンが「斬る」じゃなくて「叩き潰す」のが基本なので…脳漿飛び散ってる率が非常に高いかも。
    やえはほよよんで可愛いのぅ…。

  • 02年2刷本

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

佐伯 泰英(さえき やすひで)
1942年福岡県北九州市八幡西区生まれの小説家、写真家。日本大学藝術学部映画学科卒。当初は冒険小説や国際謀略小説を中心としたミステリー小説を執筆していたがヒットに恵まれず、編集者からの勧告に従って時代小説家に転身。初の書き下ろし時代小説『瑠璃の寺』がヒットし、以後作家活動は軌道に乗っていった。
代表作として、『陽炎の辻〜居眠り磐音 江戸双紙〜』のタイトルでドラマ化された『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ、『吉原裏同心』シリーズなど。

佐伯泰英の作品

ツイートする