種の復活 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (611ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396330750

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新規購入ではなく、積読状態のもの。
    2011/3/28〜4/2

    「種の終焉」に続く北上氏の第2弾。
    業界から総スカンをくった医療ジャーナリストの風間は、日本で同時に発生した天然痘、ペスト、エイズの原因を追う。その陰には縄文人と弥生人の謎を含めた巨大な陰謀が潜んでいった。

     前作同様、バイオテロをメインに据えた本作であるが、人物設定などもうまくなされており、非常に楽しめた。(まあ、できすぎなところもあるが) 北上氏の作品はこの後買っていなかったのだが、読んでいる途中に既刊を買い集めてしまった。あまり有名でないが、傑作だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1950年岩手県生まれ。ミステリー短編「現場痕」でデビュー。第三回北東文芸賞受賞。著書に『種の終焉 The Killer Virus 殺人菌』『クラッシュ・ゲーム』『種の復活』『戒厳令1999』『種の起源 The Origin of Species』『闇の殺戮者』『呪葬』『白兵』『火炎都市』『現場痕』『鬼哭青山遥かなり』『吸血蟲』『死霊列車』『異郷の夏』など。

「2018年 『謀略軌道 新幹線最終指令』 で使われていた紹介文から引用しています。」

種の復活 (祥伝社文庫)のその他の作品

北上秋彦の作品

種の復活 (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする