闇の用心棒―時代小説 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396331566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 闇の用心棒シリーズ開始!
    う~ん、世界観が微妙ですな
    10年間のブランクを克服するトレーニングが
    平兵衛のトレードマークになるんですね

  • L 闇の用心棒1

    出版社/著者からの内容紹介
    武者震いを酒で抑え、修羅へ向かう老いたる刺客登場!
    本所相生(ほんじょあいおい)町の長屋に年頃の娘と住む安田平兵衛(やすだへいべえ)の許に、紙片が投げ込まれた。<十八夜>と記されたそれを見て、彼の顔がこわばった。十八夜とは四五九(じごく)屋、つまり地獄屋を意味する殺しの依頼だった。十年前に殺し稼業から足を洗ったはずなのに、今頃なぜ依頼が? 酒で全身に走る震えを抑え、再び剣を取る凄腕の老剣士を描く、冷酷にして情感溢れる異色の剣豪小説!

    鳥羽作品、やっぱりエグい。私には銀次レベルが一番合うらしい。

  • 9/7

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年「剣の道殺人事件」で第36回江戸川乱歩賞を受賞。ミステリーから剣豪・人情時代小説へと執筆の幅を広げ活躍中。

「2018年 『鬼の隠れ簔 新まろほし銀次捕物帳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇の用心棒―時代小説 (祥伝社文庫)のその他の作品

鳥羽亮の作品

ツイートする