雪舞い―橋廻り同心・平七郎控 (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.72
  • (4)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396331993

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容紹介
    行きつ戻りつ、思案橋
    橋上で交差する人生模様…
    情をもって剣をふるう、江戸・橋づくし物語
    第三弾
    雲母(きらず)橋−−叶わぬ恋と一度はあきらめた男と再び巡り会った女。千鳥(ちどり)橋−−逢えぬ我が娘の幸せを、陰から見守る男が零す一筋の涙。思案(しあん)橋−−橋を挟んでいがみあう兄弟がつかんだ家族の絆。今戸(いまど)橋−−国を追われ、武士を捨てて市井で生きる男の矜持……。江戸府内の橋を預かる北町奉行所の橋廻り同心・立花平七郎の人情裁きが冴えわたる好評シリ−ズ第三弾。

    平成30年12月17日~19日

  • 2017,5.2

  • L 橋廻り同心・平七郎控3

    出版社 / 著者からの内容紹介
    行きつ戻りつ、思案橋
    橋上で交差する人生模様…
    情をもって剣をふるう、江戸・橋づくし物語
    第三弾
    雲母(きらず)橋--叶わぬ恋と一度はあきらめた男と再び巡り会った女。千鳥(ちどり)橋--逢えぬ我が娘の幸せを、陰から見守る男が零す一筋の涙。思案(しあん)橋--橋を挟んでいがみあう兄弟がつかんだ家族の絆。今戸(いまど)橋--国を追われ、武士を捨てて市井で生きる男の矜持……。江戸府内の橋を預かる北町奉行所の橋廻り同心・立花平七郎の人情裁きが冴えわたる好評シリ-ズ第三弾。

  • シリーズ3作目

  • 橋を舞台にした時代小説。
    シリーズ物です。<br/>
    主人公の微妙なやる気のなさが素敵。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

高知県生れ。立命館大学文学部卒。人気テレビ時代劇シリーズの脚本家を務めたのち、2002年、『雁の宿』で小説家デビュー。文庫書き下ろし時代小説のブームをけん引し、13年『隅田川御用帳』シリーズで、第2回歴史時代作家クラブシリーズ賞を受賞。代表的なシリーズに、『藍染袴お匙帖』、『橋廻り同心・平七郎控』、『見届け人秋月伊織事件帖』、『浄瑠璃長屋春秋記』、『渡り用人片桐弦一郎控』、『人情江戸彩時記』等がある。

「2021年 『いのちを守る 医療時代小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤原緋沙子の作品

ツイートする
×