乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡〈巻之十二〉 (祥伝社文庫)

著者 : 佐伯泰英
  • 祥伝社 (2005年4月12日発売)
3.69
  • (7)
  • (11)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
  • 136人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396332174

乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡〈巻之十二〉 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4月ー6。3.0点。
    和歌山の道場に居着いた、清之助。
    ここにも魔の手が。心配する江戸の家族と、清之助の戦い。
    相変わらず。まあまあ。そろそろ代変わりか。

  • 物語の主軸が、清之助の武者修行に移りましたね。

  • 最近は同じ著者の「居眠り磐音」シリーズよりも「密命」のほうが面白くなってきた。この第12巻は、主人公の金杉惣三郎の息子で回国修行中の清之助にスポットライトが当たっている。もちろん…おもしろい。

  • 清之助の武者修行の旅は
    恩師の死であっても止められない
    だんだんと行く先々でも吉宗の密偵との
    評判がたつようになってきた
    (このことがシリーズにふくらみをもたらすか)
    傀儡(くぐつ)との戦いも熾烈を極める
    (弾佐衛門もこの道の者たちとかかわりないのかな)

  • 前回の出番の少なさを挽回?するように息子清之助中心の話でした。
    父親惣三郎と同じく尾張に命を狙われ、銃弾に倒れてしまうが
    周りからの助けもあり、無事に回復。
    まだまだ旅は続くようです…

  • 初版本

全6件中 1 - 6件を表示

佐伯泰英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

乱雲―密命・傀儡剣合わせ鏡〈巻之十二〉 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする