陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.87
  • (3392)
  • (4159)
  • (4079)
  • (313)
  • (75)
本棚登録 : 28550
レビュー : 2820
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396332686

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しっかり全部回収してる。
    単純に面白かった。

  • テンポがいいし、キャラクターもそれぞれ愛嬌があるので、銀行強盗とか銃とか出てくるけど、愉快な気持ちで読める。エンターテイメント。
    2014.8.20

  • ギャグあり、感動あり、爽快感あり!言う事なしに面白いです。

  • 人間嘘発見機である男、常に正確に体内時計を刻み続ける女、常に喋り続ける男、技術が卓越したスリの4人組の銀行強盗の話。

    ほぼ会話で進行するのでサクサク読めます。
    でもその会話が面白過ぎて電車の中では読みにくい(´∀`;)

    久しぶりの再読だったけど細かい伏線の回収内容を忘れてたし、ホント会話が面白いので2度目も十分楽しめました。
    続けて続編を読みたいと思います。

  • 14/08/03

    成瀬さんが取引先の人だったらいいなあ。響野さんがお兄ちゃんだったらいいなあ。祥子さんが友だちだったらいいなあ。雪子さんが上司だったらいいなあ。久遠くんが幼なじみだったらいいなあ。と思う。

    P31-
    「死ぬまでに、あなたが役立つ言葉を口にするのを聞きたい」※祥子さん→響野

    P178-
    「僕が世の中で許せないものはね、料理に入ったパイナップルと、非協力的な大人と、それから、『さっきのワーストスリーと違うじゃないか』って指摘してくる人だよ」※久遠→響野(ちなみに前述のワーストスリーは、料理に入ったパイナップルと、リスクのない暴力と、それから、薫くんをいじめる奴ら)

  • リズム感を感じる
    軽快に読み終わるそんな感じ

  • ノリが軽いのか、真剣に考えているのか、よくわからない仲間が集まり、銀行強盗を行う ということが基本となり、巻き込まれる色々な事件を、うまく解決していく。なんとなく、先が予想できるものの、半分くらい予想を裏切ってくれるところが、さすが、伊坂幸太郎。
    また読みなおして見たい一冊。

  • オシャンティーな会話、回りくどい言い回し、時々出てくる蘊蓄話。久しぶりに伊坂ワールドに浸りました(笑)(褒めてます)
    ラストのどんでん返しは、敵の裏の裏をかきましたね。面白かったです。正直、盗聴あたりまでは「だと思った」だったんですが、警察官コスプレで「こう繋げてきたか!」と驚きました。
    どのキャラも個性的でいい味だしてる。

  • 会話がおもしろい。段落の最初にある辞書の意味が微妙におもろい。
    話のウザい男を書かすと抜群だなと思う。実際にいたら相当ウザいとおもうけど(^_^;)
    伏線回収もバッチリでした。

  • ラストの伏線回収が読んでて気持ちいい。

全2820件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫)のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする