愛されてもひとり (祥伝社文庫)

著者 :
  • 祥伝社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (16)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396333010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は歳を取るけれど、芯となるものはいつまでも変わらない。それぞれの人生を応援したくなる結末。

  • 世代が違う3人女性の心の揺れがうまく描かれている。

  • 見応えのある心理戦

  • 女性はいつまでたっても女性なのだなーということを考えさせられた小説。

    夫が突然死んでからひとりでたくましく生きていこうとする絹子を中心として
    すすむ女性達の話。

    最初はお嬢様肌で
    あぶなっかしい絹子さん
    なんだけど
    最後には若手画家のパトロンになろうと
    もくろんでいるような記述がかわいかった。

    かわいいおばあちゃんになりたいな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。青山学院大学卒。1988年作家デビュー。以来、女性心理を追及したサスペンスなどに定評がある。『二重証言』『女友達』『トライアングル』『ふたたびの加奈子』など多くの作品が映像化されている。近著は『夫以外』『神様からの手紙喫茶ポスト』など。

「2017年 『二年半待て』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新津きよみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする